アシモクラフト 焚き火台・焚き火ギア

asigrip_ts|スノーピーク「焚火ツールセット」アシグリップ の交換方法を徹底解説!

asigrip_ts|アシグリップ 焚火ツールセット交換用グリップ用

スノーピーク「焚火ツールセットPRO」の火搔き棒、スコップの交換用グリップasimocrafts「asigrip_ts」。既存グリップとの交換方法をわかりやすく徹底解説します。

本記事に関する免責事項

本記事はスノーピーク社製品のカスタムおよび破損させる行為を促すことが目的ではなく、原則的に推奨もしておりません。あくまで自発的に自己責任のもと「カスタムしたい」と明確な意思の持った方や「asigrip_ts」のレビューを知りたい方へ向けた記事となります。この記事の情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては『asimocrafts』さんを含め当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

asigrip_tsとは?

asigrip_tsパッケージされた状態

ガレージブランド『asimocrafts(アシモクラフト)』から販売されている木製のグリップ「asigrip(アシグリップ)」の一つです。「Turkのフライパン」など他社製品に装着できるものから、あらかじめローストフォークなどに装着されているものまで『asimocrafts』を代表するアイテムです。

asigrip_tk(アシグリップ ターク用)
参考3ヶ月待ちしたアシモクラフトの「asigrip_tk」が到着!タークのフライパンに装着してみた

続きを見る

kushi_z_asi
参考asimocraftsのローストフォーク「kushi_z_asi」をレビュー!焚き火に無骨感を出したい人におすすめ

続きを見る

モトフさん
筆者は『asimocrafts』さんが大好きです

今回ご紹介する「asigrip_ts」はスノーピーク「焚火ツールセットPRO」の火搔き棒、スコップの交換用グリップです。鉄製のこの火搔き棒、スコップの既存グリップと交換することができます。

なお、この「asigrip_ts」は1個からの販売となりますので、 火搔き棒、スコップの両方を交換するには2個購入する必要があります。

予約販売のみの人気アイテム

『asimocrafts』の商品はその全てが人気アイテム。製作量が追い付かず、昨今では転売や買い占めなどの対策のためほとんどの商品が予約販売となっています。

気長にお待ちいただける方のみご予約ください。

出典:asigrip_ts | asimocrafts

と商品ページに明記されており、商品によっては注文から納期まで時間を要します。

なお公式サイトでは納期までの「おおよその目安」を公開してくれています。

この目安によると「asigrip_ts」は納期まで6ヶ月ほど。

実際のところ筆者は

12月下旬に注文→3月上旬に到着

約3ヶ月半で到着しました。

モトフさん
目安よりもだいぶ早かったですが注文タイミングによっては前後するようです

「asigrip_ts」商品ページはコチラ

asigrip_tsのレビュー

では、ここからは実際の「asigrip_ts」をレビューしていきます。

開封

asigrip_ts2つパッケージされた状態

パッケージされた状態です。

asigrip_ts2つ

他の「asigrip」と同じフォルムで「A」のマークが刻印されています。

グリップ交換における大事な注意点

asigrip_tsの注意事項

パッケージの中には注意事項が記載された用紙もありました。

実は「asigrip_ts」はグリップをただ取り付けるのではなく交換のため既存グリップを自分で壊して外す必要があります。この注意事項にもある通り既存グリップを自ら壊すことはメーカー保証を受けれなくなる可能性があり、外した既存グリップも2度と戻すこともできません。作業は完全に自己責任になり『asimocrafts』さんはなんら責任は負いませんので注意してください。

焚火ツールの既存グリップとの比較

asigrip_tsと焚火ツール

「焚火ツールセットPRO」の火搔き棒、スコップと並べるとこんな感じ。既存グリップとは大分印象は違いますね。

asigrip_tsと既存グリップ

それぞれの既存グリップにちょうど合うよう設計されています。

asigrip_tsの交換方法解説

では、ここからは実際のグリップ交換方法を解説します。

作業をする前の注意事項

先にお伝えした通り「asigrip_ts」との交換は既存グリップを壊す作業となります。ここに紹介する交換方法はあくまで自己流となりますので、この方法を参照し交換作業をする場合は自己責任で行なってください。メーカー保証が受けれない可能性や既存状態への復元ができなくなります。また工具での作業が不慣れな方は怪我をする可能性もありますので、不慣れな方や保証面が気になる方は交換作業をしないことをおすすめします。この記事の情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては『asimocrafts』さんはもちろん当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

交換のため用意するもの

asigrip_ts交換用の工具

グリップ交換のために用意するものは以下です。

  1. ノコギリ
  2. ペンチ
  3. 作業グローブ
  4. 金切りのこぎり
  5. プラスドライバー

では以下より作業を解説です。

グリップ交換手順

step
1
ノコギリで既存グリップを切る

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_1

まず最初にノコギリで既存グリップの留め金の真横を切っていきます。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_2

最後まで切り込みを入れカットします。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_3

次に反対側もノコギリで切り。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_4

最後まで切れ込みをいれます。

step
2
ペンチで留め金の周りの木部を取り除く

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_5

留め金の周りに残った木部をペンチで外します。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_6

留め金を全て露出させます。

step
3
金切りのこぎりで留め金をカットする

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_7

留め金を全て露出するとでこのように浮かすことができますので、浮いた部分を金切りのこぎりで切り込んでいきます

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_8

ちなみにこの作業は危険ですので手を守るため必ず厚めの作業グローブを着用してください。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_9

さらに補足ですがこの留め金は思った以上に頑丈でペンチの刃部などではカットできませんでした。こういった挟むタイプの工具でカットする場合はおそらく専用のものでないと厳しいと思います。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_10

専用工具はそれなりの値段なので購入は断念。筆者は100円均一のダイソーでこの金切りのこぎりを入手し使いました。

ただ、この金切りのこぎりでを使う場合はかなりの労力がいります。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_11

カットというより、少しづつ削っていくイメージに近く、ひたすら金切りのこぎりを動かす根気のいる作業になります。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_12

ある程度削ったら最後はペンチでひん曲げて。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_13

留め金を外します。この留め金を1つ外すの大体30分ほどはかかりました。

step
4
もう一つの留め金も外す

aasigrip_ts|既存グリップとの交換方法_14

もう一つの留め金も外します。ここからはステップ1〜3と同じやり方です。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_15

これで2つの留め金が外せました。

step
6
プラスドライバーでグリップを装着

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_16

プラスドライバーで「asigrip_ts」の裏面にあるネジを外し。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_17

既存グリップを外した箇所に重ねて。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_18

ネジでとめて。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_19

これで完了です。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_20

あともう一つの火搔き棒も全く同じ工程で交換します。

asigrip_ts|既存グリップとの交換方法_21

火搔き棒、スコップがグリップ交換が完了しました!

なお、実際作業してみて感じたコツと注意点もご紹介します。

コツ:金切りのこぎりの作業は少し高さを出す

asigrip_tsの取り付け方法のコツ

前述した通り金切りのこぎりでの留め金カットはかなり根気のいる作業です。少しでも効率よくするならこのように高さを出して作業すると効率をよくすることができます。

注意点:金切りのこぎりは木部が残っている方をカットする

asigrip_tsの取り付け方法の注意点

金切りのこぎりで留め金をカットする際は、金属側ではなく木部が残っている側をカットしてください。でないとこのようにのこぎりと金属部分がこすれて傷がついてしまうのです。

モトフさん
これはやってみて途中で気づいた失敗でした。。グリップをつければ隠れますが傷をつけたくない方は注意してください。

最後に

繰り返しになりますが、本記事はスノーピーク社製品のカスタムおよび破損させることを促すことが目的ではありません

また、グリップ交換については原則的に以下のような方へはおすすめもしておりません。

  • 工具での作業が不慣れ
  • キャンプギアの破損や汚れが気になる
  • スノーピーク社製品を既存状態のまま大事にしたい
  • メーカー保証は受けたい
  • 自己責任が持てない

本記事で紹介した交換方法を参照して作業する際は自己責任のもと作業いただくようお願いいたします!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-アシモクラフト, 焚き火台・焚き火ギア
-

© 2021 CAMPERS REVIEW