アシモクラフツ 焚き火台・焚き火ギア

asigrip_ft|スノーピーク「フォールディングトーチ」アシグリップの交換方法を徹底解説!

asigrip_ft

asimocrafts「asigrip_ft」とスノーピーク「フォールディングトーチ」の既存グリップとの交換方法を分かりやすく徹底解説します。

本記事に関する免責事項

本記事はスノーピーク社製品のカスタムおよび破損させる行為を促すことが目的ではなく、原則的に推奨もしておりません。あくまで自発的に「カスタムしたい」と明確な意思の持った方へ向けた記事となりますので、本記事の情報を用いて行う一切の行為は自己責任でお願いします。本記事の情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては『asimocrafts』さんおよび当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

「asigrip_ftとは?

asimocrafts「asigrip_ft」

ガレージブランド『asimocrafts(アシモクラフツ)』さんから販売されている木製グリップです。アシモクラフツさんを代表するギア「asigrip(アシグリップ)」の一つで焚き火周りをより無骨にカッコよくすることができます。

 画像をクリックして拡大イメージを表示 ブランド: ノーブランド品 スノーピーク「フォールディングトーチ」

今回ご紹介する「asigrip_ft」はスノーピーク「フォールディングトーチ」の交換用グリップとなります。

asigrip_ftのレビュー

まずは「asigrip_ft」をレビューしていきます。

開封

asigrip_ftの開封

パッケージの中にはブランドロゴの「A」のマークが刻印された木製グリップ「asigrip_ft」と注意書きのメモが同封されていました。

グリップ交換伴う大事な注意点

asigrip_ftの注意書き

同封された注意書きには大事なことが書かれています。「asigrip_ft」はグリップをただ取り付けるのではなく交換のため「フォールディングトーチ」の既存グリップを壊して外す必要があります。この注意事項にもある通り既存グリップを自ら壊すことはメーカー保証を受けれなくなる可能性があり、外した既存グリップも2度と戻すこともできません。また、慣れない方は交換作業中に怪我をする可能性もあります。仮にこういったリスクが起こったとしても完全に自己責任であり『asimocrafts』さんはなんら責任は負いませんので注意してください。

既存グリップとの比較

asigrip_ftと既存グリップの比較

「フォールディングトーチ」と並べるとこんな感じ。既存グリップにちょうど合うよう設計されているものの大分印象は違います。

「asigrip_ft」の購入はコチラ

asigrip_ftの交換方法解説

では、ここからは実際のグリップ交換方法を解説します。

作業をする前の注意事項と免責事項

前述した通り「asigrip_ft」への交換は既存グリップを壊す作業となります。ここに紹介する交換方法はあくまで筆者の自己流となりますので、この方法を参照し交換作業をする場合においては自己責任で行なってください。メーカー保証が受けれない可能性や既存状態への復元ができなくなります。また工具での作業が不慣れな方は怪我をする可能性もありますので、不慣れな方や保証面が気になる方は交換作業をしないことをおすすめします。この記事の情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては『asimocrafts』さんおよび当サイトは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

交換のため用意するもの

asigrip_ft交換作業に必要な工具

グリップ交換に使う工具は以下となります。

  1. ノコギリ
  2. ペンチ
  3. ボルトクリッパー
  4. プラスドライバー

これらの工具を使いグリップ交換を行います。

グリップ交換手順

step
1
ノコギリで既存グリップの留め金真横をカットする

asigrip_ftのグリップ交換方法_1

まず最初にノコギリで既存グリップの留め金の真横をカットしていきます。

asigrip_ftのグリップ交換方法_2

金属部が見えるまでカットします。

asigrip_ftのグリップ交換方法_3

次に反対側もノコギリをいれて

asigrip_ftのグリップ交換方法_4

金属部が見えるまでカットします。

step
2
ペンチで留め金の周りの木部を取り除く

asigrip_ftのグリップ交換方法_5

留め金の周りに残った木部をペンチで外します。

asigrip_ftのグリップ交換方法_6

木部を取り除き留め金を全て露出させます。

step
3
もう1つの留め金の真横もノコギリでカットする

asigrip_ftのグリップ交換方法_7

asigrip_ftのグリップ交換方法_8

もう一つの留め金の真横も同じ要領でノコギリでカットします。

step
4
もう1つの留め金の周りの木部もペンチで取り除く

asigrip_ftのグリップ交換方法_9

ノコギリでカットしたもう1つの留め金もペンチで周りの木部を取り除きます。

asigrip_ftのグリップ交換方法_10

これで片側のグリップが完全に外れた状態になりました。

step
5
ボトルクリッパーで留め金を切断する

asigrip_ftのグリップ交換方法_11

片側のグリップが外れると留め金が露出するようになりますので、この部分を切断します。

asigrip_ftのグリップ交換方法_12

なお、この留め金はかなり頑丈でペンチの刃部などでは切断できません

asigrip_ftのグリップ交換方法_13

オソードックスな方法として100円均一で購入できる「金切りのこぎり」を使う方法があるのですが、この方法はかなり時間も労力もかかります。

「金切りのこぎり」でグリップ交換した模様はこちら

asigrip_ts|アシグリップ 焚火ツールセット交換用グリップ用
asigrip_ts|スノーピーク「焚火ツールセット」アシグリップの交換方法を徹底解説!

続きを見る

asigrip_ftのグリップ交換方法_14

そこでおすすめなのが先の工具紹介でもふれた「ボトルクリッパー」です。テコの原理を応用した工具で硬い金属でも一発で切断できます。なお、この「ボトルクリッパー」は価格も安くサイズそれほど大きくなく「350mm」までの金属を切断できるので「フォールディングトーチ」の留め金も問題なく切断できるのでおすすめです。

アシグリップ装着の工程には留め金切断がある場合が多いのですが「ボトルクリッパー」があるとその作業がかなり楽になります。この他にもアシグリップが欲しい方は「ボトルクリッパー」を持っておいて損はないはずです。

 

asigrip_ftのグリップ交換方法_12

切断方法は簡単で、露出した留め金をクリッパーで挟んで

テコの原理があるもののそれなりに力が必要なので注意してください。

asigrip_ftのグリップ交換方法_13

力いっぱい挟むとこのように簡単に切断できます。ある程度の力はいるものの一発でカットできるのでかなりの作業時間の短縮になるはずです。

クリッパーで挟んで切断する際にかなりの力がかかるため切断部が飛んでいってしまうことがあります。人や物に当たると危ないのでこの作業はなるべく人もいない広い場所でやるのがおすすめです。

asigrip_ftのグリップ交換方法_14

もう一つの留め金も同じくクリッパーで挟んで切断します。

asigrip_ftのグリップ交換方法_15

これで既存グリップと留め金が完全に外れた状態になりました。

step
6
プラスドライバーで「asigrip_ft」を装着

asigrip_ftのグリップ交換方法_16

プラスドライバーで「asigrip_ft」の裏面にあるネジを外し。

asigrip_ftのグリップ交換方法_17

既存グリップを外した箇所に重ねて。

asigrip_ftのグリップ交換方法_18

ネジで留めれば

asigrip_ftのグリップ交換方法_19

グリップ交換の完了です。

asigrip_ftのグリップ交換方法_20

折り畳むとこんな感じになります。

グリップ交換後のOD缶装着状態

asigrip_ft交換後OD缶装着

「asigrip_ft」へ交換後にOD缶を付けた状態です。

焚き火で映えるasigrip_ft

焚き火周りがぐっとおしゃれになりました。

最後に

何度も繰り返しになりますが、本記事はスノーピーク社製品のカスタムおよび破損させることを促すことが目的ではありません

また、グリップ交換については以下のような方へはおすすめもしておりません。

  • 工具での作業に慣れていない
  • キャンプ用品の破損や汚れが気になる
  • スノーピーク社の製品を大事にしたい
  • メーカー保証は受けたい
  • 自己責任が持てない

本記事で紹介した交換方法を参照して交換作業する際は必ず自己責任で行うようお願いします!

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
モトフサン

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-アシモクラフツ, 焚き火台・焚き火ギア

© 2022 CAMPERS REVIEW