ソロキャンプ

ソロキャンプのバックパック装備を軽量化|ウルトラライトなギア達を大公開!

ソロキャンプのバックパック増備の軽量化

バックパックで行くソロキャンプ。

重くなりがちな荷物を徹底軽量化!

バックパックでソロキャンプに挑戦したい方への参考に軽量化する改善前と改善後の比較を整理してみました。

私が3年かけて軽量化したギア達をご紹介します!

モトフさん
季節としては夏、春の暖かい季節の装備になります

改善前

ソロキャンプを始めた約3年前(2017年)くらい前の装備です。

ソロキャンプのバックパック装備軽量化する改善前

クリックで拡大できます 、「※」印は撮影できなかったギアです

アイテムリスト

改善前のアイテムリストです。

(1)ザック:ビジョンピークス「ヴォルケ50 VPH-180 50L」

  • 参考価格(税込):¥9,990
  • 重量:1,500g

スポーツ用品店「ヒマラヤ」のPBのザックです。

50Lサイズの中でもリーズナブル。とにかく大きめのザックが欲しいと購入しました。

(2)テント:モンベル「ムーンライトテント 1型」

  • 参考価格(税込):¥30,580
  • 重量:2,300g

月明かりの中でも簡単に設営できると言われるテントです。

これは旧型で、現在は2kg以下の新型にアップグレード。

購入当時はンベルの中ではまだ軽量なモデルでした。

(3)フットプリント:モンベル「グラウンドシート ムーンライトテント 1用」

商品はこちら>>

  • 参考価格(税込):¥3,520
  • 重量:580g

ムーンライトテント 1型の下に引くシートです。

テントを保護に購入しました。

こちらも旧型で現在は軽量化された新型を販売中。

(4)マットレス:サーマレスト「Zライトソル」

  • 参考価格(税込):¥6,820
  • 重量:410g

クローズドセルタイプのマットです。

大きくてかさばりますが設置が簡単です。

(5)ピロー:イスカ「コージーエアピロー」

  • 参考価格(税込):¥2,530
  • 重量:95g

空気で膨らませる枕です。

軽量な反面、寝心地はそこそこ。

(6)シェラフ:イスカ「ウルトラライト」

  • 参考価格(税込):¥9,570
  • 重量:600g

夏用の寝袋です。

真夏だとほとんど使わないのであまり使用していないです。

(7)テーブル:キャプテンスタッグ「アルミロールテーブル〈コンパクト〉」

  • 参考価格(税込):¥3,850
  • 重量:700g

ソロキャンパー御用達のミニテーブルです。

「とりあえずミニテーブルならこれ」ということで初期に購入しました。

(8)ランタン:コールマン「CPX4.5 LED ミニランタン」

※現在は販売終了

  • 参考価格(税込):¥3,240
  • 重量:240g

既に廃盤になっているLEDランタンです。

明るさは最大75ルーメン。あまり深く考えず購入しました。

(9)ヘッドライト:ブラックダイアモンド「コズモ BD81048」

  • 参考価格(税込):¥3,630
  • 重量:84g

登山用のヘッドランプです。

光量を3段階に調整可能。

リーズナブルなのにハイスペックです。

(10)ソフトクーラー:コールマン「デイリークーラートート/15Lピーチ」

  • 参考価格(税込):¥2,480
  • 重量:370g

クーラーバッグです。

食材は多く入りますが、その分かさばるのが難点です。

(11)保冷剤:ダイソー「大きくて使いやすい保冷剤」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:500g

100均なので保冷力はそこそこ。

少々重いのが難点です。

(12)マグカップ:チャムス「キャンパーマグカップ」

  • 参考価格(税込):¥990
  • 重量:107g

おしゃれ重視のマグカップです。

あまり深く考えず購入しました。

(13)カトラリー:トゥーゴーウェア「クラシック バンブー カトラリーセット」

  • 参考価格(税込):¥990
  • 重量:107g

箸、スプーン、フォーク、ナイフ一式が揃ったカラトリーです。

全て使うことはあまりないです。

(14)バーナー:キャプテンスタッグ「オーリック 小型ガスバーナーコンロ」

  • 参考価格(税込):¥7,150
  • 重量:300g

とりあえずシングルバーナーが欲しくて購入。

店頭価格だと3,000円台だったはずです。

価格重視であまり深く考えず購入しました。

(15)ガス缶:キャプテンスタッグ「レギュラーガスカートリッジCS-250」

  • 参考価格(税込):¥1,045
  • 重量:230g

バーナーと合わせる形で使っていたキャプスタのOD缶です。

初期はガス切れが怖くて容量多めの250にしていました。

(16)グリル:パール金属「ストロングマーブル 焼肉グリル」

  • 参考価格(税込):¥1,496
  • 重量:290g

ユニフレームのネイチャーストーブラージでBBQしたくて購入。

購入当時はまだ小型鉄板などがなかったので市販のもので代替え。

(17)クッカー:プリムス「ライテックトレックケトル&パン」

  • 参考価格(税込):¥3,960
  • 重量:280g

とりあえずクッカーが欲しくて購入。

蓋はフライパンにもなるし、フッ素加工されていて焦げ付かないのが良いです。

(18)火起こし:ダイソー「扇子」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:21g

焚き火に空気を送るために購入。

(19)ライター:ダイソー「チャッカマン」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:32g

消耗品なので100均で購入。

(20)焚き火ギア収納:ダイソー「ポーチ」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:20g

ポーチなら何でもよかったので100均で購入。

(21)ノコギリ:シルキー「ポケットボーイ 万能目 130」

  • 参考価格(税込):¥3,190
  • 重量:180g

焚き火の薪をさばくために購入。

切れ味もよくコンパクトでお気に入り。

(22)トング:ダイソー「トング」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:40g

焚き火の薪をくべたりするのになんでも良かったので100均で購入。

(23)ナイフ:モーラ・ナイフ「コンパニオン ヘビーデューティMG」

  • 参考価格(税込):¥2,640
  • 重量:101g

バドニングやフェザースティックを作りたくで購入。

初心者ならまずはこれといわれるナイフです。

(24)グローブ:ダイソー「軍手」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:60g

焚き火用のグローブとして100均で購入。

(25)斧:マルチツール 多機能 ハンマー

  • 参考価格(税込):¥1,280
  • 重量:385g

薪割りやペグを打つために購入。ただ、斧は切れ味最悪でした。

ソロテントだとあまりペグ打ちしないのでハンマーもほとんど使わず。

(26)焚き火台:ユニフレーム「ネイチャーストーブ ラージ」

  • 参考価格(税込):¥8,500
  • 重量:1,200g

ソロキャン用の焚き火台として購入。

大きな薪も入るし燃焼効率も抜群。ただし重量がそれなりあるのが難点です。

(27)レジャーシート:もらいもの

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥0
  • 重量:70g

なんかのフェスでもらったノベルティーです。

荷物を置いたりするのに使いますが地味にかさばります。

(28)防寒着:ユニクロ「ウルトラライトダウンジャケット」

  • 参考価格(税込):¥6,589
  • 重量:260g

夏でも山間は冷える場合もあるので念のため持参しています。

(29)雨具:lafuma「GUADELOUPE ポンチョ」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥6,930
  • 重量:245g

悪天候時の際にと購入。

今は廃盤品らしいです。

(30)モバイルバッテリー:SANYO「USB出力付きリチウムイオンバッテリー」

  • 参考価格(税込):¥5,480
  • 重量:188g

スマホの充電用として。

iPhoneを1.5回分くらい受電できます。

(31)着替:エコバッグと着替え一式

※販売サイトなし

  • エコバッグ重量:25g
  • 着替え一式:450g

・収納:何かの買い物の際にレジ袋かわりにもらったエコバッグでし。
・中身:1泊ならインナーシャツと下着、靴下を持っていきます。

(32)歯ブラシ&洗面具ポーチ:グレゴリー「ベルトポーチS」

  • 参考価格(税込):¥2,750
  • 重量:75g

歯ブラシや洗面具などがちょうどよく収まるサイズのポーチ。

(33)タオル:ダイソー「タオル」

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥110
  • 重量:70g

ソロキャン1泊なら風呂に入らないですが、洗顔後に顔を拭いたりするために。

(34)チェア:ビジョンピークス「アウトドアチェア」

  • 参考価格(税込):¥3,990
  • 重量:1,020g

壊れてしまったので処分した為写真にとれず。。

価格も安くすわり心地も良かったですが重量はそれなりにあります。

(35)ジャグ:キャプテンスタッグ「抗菌 ライド ウォータージャグ10L」

  • 参考価格(税込):¥1,250
  • 重量:17g

使わなくなり処分した為写真にとれず。。

水が10Lも入る分、かさばるのであまり使わずでした。

(36)ジャケット:パタゴニア「トレントシェル3Lジャケット」

  • 参考価格(税込):¥22,000
  • 重量:394g

使いすぎてやぶれてしまい処分した為写真にとれず。。

防寒や小雨用に。

価格と重量の合計

改善前
商品名価格(税込)重量
(1)ヴォルケ50 VPH-180 50L¥9,9901,500g
(2)ムーンライトテント 1型¥30,5802,300g
(3)グラウンドシート ムーンライトテント 1用¥3,520580g
(4)Zライトソル¥6,820410g
(5)コージーエアピロー¥2,53095g
(6)ウルトラライト¥9,570600g
(6)アルミロールテーブル〈コンパクト〉¥3,850700g
(7)CPX4.5 LED ミニランタン¥3,240240g
(8)コズモ BD81048¥3,63084g
(9)デイリークーラートート/15Lピーチ¥2,480370g
(10)大きくて使いやすい保冷剤¥110500g
(11)キャンパーマグカップ¥990107g
(12)クラシック バンブー カトラリーセット¥2,20048g
(13)オーリック 小型ガスバーナーコンロ¥7,150300g
(14)レギュラーガスカートリッジCS-250¥1,045230g
(15)ストロングマーブル 焼肉グリル¥1,496290g
(16)ライテックトレックケトル&パン¥3,960280g
(17)扇子¥11021g
(18)チャッカマン¥11032g
(19)ポーチ¥11020g
(20)ポケットボーイ 万能目 130¥3,190180g
(21)トング¥11040g
(22)コンパニオン ヘビーデューティMG¥2,640101g
(23)軍手¥11060g
(24)マルチツール 多機能 ハンマー¥1,280385g
(25)ネイチャーストーブ ラージ¥8,5001,200g
(26)レジャーシート¥070g
(27)ウルトラライトダウンジャケッ¥6,589260g
(28)GUADELOUPE ポンチョ¥6,930245g
(29)USB出力付きリチウムイオンバッテリー¥5,480188g
(30)エコバッグ¥0475g
(31)着替え¥0450g
(32)ベルトポーチS¥2,75075g
(33)タオル¥11070g
(34)アウトドアチェア¥3,9901,020g
(35)抗菌 ライド ウォータージャグ10L¥1,25017g
(36)トレントシェル3Lジャケット¥22,000394g
合計¥158,42013,487g

改善後

3年ほどかけて精査し揃えた軽量化したギア達です。

ソロキャンプのバックパック装備軽量化した改善後

クリックで拡大できます

アイテムリスト

改善後のアイテムリストです。

(1)ザック:チャムス「チャムス グラフトン60 バックパック」

  • 参考価格(税込):¥21,600
  • 重量:1,730g

一部店舗だけで販売していた限定カラーです。

重量よりもおしゃれ重視で購入。

スペックも申し分ないお気に入り。

(2)テント:ビックアグネス「Fly Creek HV UL1」

  • 参考価格(税込):¥21,600
  • 重量:1,730g

テントをもっと軽量化したいと調べた結果、海外のULテントにいきつき購入。

1kg以下のテントの中でも横幅が広め。

このモデルは旧型で現在は新型を販売中です。

(3)フットプリント:ビックアグネス「TFFHVFLY116」

  • 参考価格(税込):¥6,820
  • 重量:85g

Fly Creek HV UL1 専用のフットプリント。

こちらは新型の方だけど問題なく使えます。

(4)マットレス:ニーモ「オーラ 20M」

  • 参考価格(税込):¥9,900
  • 重量:450g

マットレスはをもう少しコンパクトにしたいけど寝心地も妥協したくないと。

いいとこどりしたインフレーターマットを購入。

片付けが多少面倒なのが難点です。

(5)ピロー:ニーモ「フィッロ」

  • 参考価格(税込):¥5,060
  • 重量:260g

重量は増えますが寝心地をもう少し快適にしたく購入。

家の枕よりもいいかもしれません。

(6)シェラフ:超軽量化繊 シーツ

※販売サイトなし

  • 参考価格(税込):¥2,200
  • 重量:140g

個人輸入した人がヤフオクで販売していて購入。

本来インナーシーツだけど夏ならこれ一枚で十分。

化繊だけどシルクみたいな肌さわりです。

(7)テーブル:カスケードワイルド「ULフォールディングテーブル」

  • 参考価格(税込):¥1,870
  • 重量:63g

とにかく軽量かつコンパクト、ソロなら問題ないレベルです。

(8)ランタン:ソーラーパフ「クールブライト」

  • 参考価格(税込):¥3,672
  • 重量:75g

とにかく軽量かつコンパクト、光量は最大90ルーメン 。

(9)ヘッドライト:ブラックダイアモンド「コズモ BD81048」

ヘッドランプはお気に入りのため変更なし

(10)ソフトクーラー:ビッグスカイ「Insulated Pouch」

※在庫なし

  • 参考価格(税込):¥1,870
  • 重量:62g

クーラーバッグは食材や飲み物を入れていくとかなりの量に。

これに肉などの食材だけ入れて飲み物は現地調達に変更しました。

(11)保冷剤:キャプテンスタッグ「スーパークールタイム〈S〉」

  • 参考価格(税込):¥770
  • 重量:150g

100均に比べて保冷力も抜群。

1泊くらいなら問題ないです。

(12)マグカップ:ベルモント「チタンダブルマグ300」

  • 参考価格(税込):¥3,355
  • 重量:150g

軽量かつ丈夫なチタン製。

保冷力が高いのでビールがよりおいしく飲めます。

(13)カトラリー:MSR「スポーク」

  • 参考価格(税込):¥605
  • 重量:12g

フォークとスプーンが一体化。

ソロならこれで十分です。

(14)バーナー:スノーピーク「ギガパワーマイクロマックスウルトラライト」

  • 参考価格(税込):¥7,590
  • 重量:56g

世界最軽量といわれるシングルバーナーです。

点火装置はないけど火力も申し分ないです。

(15)ガス缶:JETBOIL「ジェットパワー100G」

  • 参考価格(税込):¥506
  • 重量:194g

ソロだと容量100で問題ないです。

(16)グリル:SHO'S×ビーパル「"肉"かつ鉄板mini」

公式サイトはこちら>>

  • 参考価格(税込):¥880
  • 重量:278g

アウトドア雑誌「BE-PAL」の付録です。

これくらいのサイズの鉄板がずっと欲しかったので即購入。

(17)クッカー:EPIgas「バックパッカーズクッカーS」

  • 参考価格(税込):¥5,390
  • 重量:140g

チタン製のクッカーです。

煮炊きやお湯を沸かすならこれで十分。

ただしフッ素加工がないので炒め物は焦げ付くので不向きです。

(18)火起こし:火吹き棒「エアースティック」

  • 参考価格(税込):¥1,204
  • 重量:27g

扇子とは比べ物にならないほど焚き火に空気を送れます。

(19)ライター:SOTO「スライドガストーチ ST-480」

  • 参考価格(税込):¥2,200
  • 重量:55g

小型のガストーチです。

100均のチャッカマンとは比べ物にならいほどの火力を発揮します。

市販のCB缶から燃料を補給できるので繰り返し使えます。

(20)焚き火ギア収納:ペンドルトン「吊り下げ式ロールポーチ」

公式サイト>>

  • 参考価格(税込):¥1,100
  • 重量:63g

ファッション雑誌「fam」の付録です。

焚き火系ギアの収納としてこういうのが欲しかったので即購入。

(21)ノコギリ:シルキー「ポケットボーイ 万能目 130」

ノコギリはお気に入りのため変更なし。

(22)トング:ダイソー「トング」

トングはなんでもいいので特に変更なし。

(23)ナイフ:モーラ・ナイフ「コンパニオン ヘビーデューティMG」

ナイフはお気に入りのため変更なし。

(24)グローブ:グリップスワニー「CAMP GLOVES」

  • 参考価格(税込):¥3,850
  • 重量:123g

重量は多少重くなるものの軍手とは比べ物にならほど耐熱性もあるので便利です。

(25)斧:ユニフレーム「燕三条乃斧」

  • 参考価格(税込):¥5,000
  • 重量:450g

薪をさばくために切れ味のいい小型斧が欲しくて購入。

重量は重くなった反面切れ味は抜群です。

(26)焚き火台:リバーサイドリメンバー「RSR Naturestove」

  • 参考価格(税込):¥13,750
  • 重量:164g

チタン製の超軽量焚き火台です。

燃料効率も抜群。あまり大きな薪は入りませんがさばいて入れれば問題ないです。

(27)レジャーシート:マタドール「ミニ ポケットブランケット」

  • 参考価格(税込):¥3,025
  • 重量:38g

地味にかさばるレジャーシートが嫌だったのでこちらを購入。

面積もそれなりにあってかなり便利です。

(28)防寒着:モンベル「プラズマ1000 ダウンジャケット」

  • 参考価格(税込):¥27,940
  • 重量:130g

冬のキャンプも想定してより防寒力の高いものが欲しくて購入。

ユニクロより軽量かつ暖かくてお気に入りです。

(29)雨具:シートゥサミット「ウルトラシルナノポンチョ」

  • 参考価格(税込):¥8,800
  • 重量:145g

雨具はもう少し軽量にしたくて購入。

撥水性も高いので豪雨でも問題ありません。

(30)モバイルバッテリー:SANYO「USB出力付きリチウムイオンバッテリー」

変更なし

(31)着替え:シートゥサミット「eVac ドライサック」と着替え一式

  • 参考価格(税込):¥2,750
  • 重量:69g

・収納:防水性のドライサック。中身を圧縮できるので重量は変わらないもののコンパクトにできます。
・中身:1泊ならインナーシャツと下着、靴下を持っていきます。

(32)歯ブラシ&洗面具ポーチ:グレゴリー「ベルトポーチS」

変更なし

(33)タオル:エヌリット「カンパックタオル S」

  • 参考価格(税込):¥770
  • 重量:16g

タオルも地味にかさばるのでこちらを購入。

顔を拭いたりする分には何ら問題ないです。

(34)チェア:ヘリノックス「チェアゼロ」

  • 参考価格(税込):¥13,200
  • 重量:510g

快適性を妥協せずに軽量なチェアが欲しくて購入。

重量は半分ほどなったけどすわり心地はほぼ変わらずでした。

(35)ジャグ:プラティパス「プラティ 2L ボトル」

  • 参考価格(税込):¥1,540
  • 重量:36g

ソロなら10Lもいらないです。

2Lで十分。

(36)ジャケット:マウンテンハードウェア「リロイジャケット」

  • 参考価格(税込):¥24,200
  • 重量:171g

より軽量なジャケットがほしいと購入。

軽量コンパクトですが防水性抜群です。

価格と重量の合計

改善後
商品名価格(税込)重量
(1)チャムス  グラフトン60 バックパック¥21,6001,730g
(2) Fly Creek HV UL1¥50,600936g
(3)TFFHVFLY116¥6,82085g
(4)オーラ 20M¥9,900450g
(5)フィッロ¥5,060260g
(6)超軽量化繊 シーツ¥2,200140g
(7)ULフォールディングテーブル¥1,87063g
(8)クールブライト¥3,67275g
(9)コズモ BD81048-84g
(10)Insulated Pouch¥1,87062g
(11)スーパークールタイム〈S〉¥770150g
(12)チタンダブルマグ300¥3,355108g
(13)スポーク¥60512g
(14)ギガパワーマイクロマックスウルトラライト¥7,59056g
(15)ジェットパワー100G¥506194g
(16)"肉"かつ鉄板mini¥880278g
(17)バックパッカーズクッカーS¥5,390140g
(18)エアースティック¥1,20427g
(19)スライドガストーチ ST-480¥2,20055g
(20)吊り下げ式ロールポーチ¥1,10063g
(21)ポケットボーイ 万能目 130-180g
(22)トング-40g
(23)コンパニオン ヘビーデューティMG-101g
(24)CAMP GLOVES¥3,850123g
(25)燕三条乃斧¥5,000450g
(26)RSR Naturestove¥13,750164g
(27)ミニ ポケットブランケット¥3,02538g
(28)プラズマ1000 ダウンジャケット¥27,940130g
(29)ウルトラシルナノポンチョ¥8,800145g
(30)USB出力付きリチウムイオンバッテリー-188g
(31)eVac ドライサックと着替え一式¥2,750519g
(32)ベルトポーチS-75g
(33)カンパックタオル S¥77016g
(34)チェアゼロ¥13,200510g
(35)プラティ 2L ボトル¥1,54036g
(36)リロイジャケット¥24,200171g
合計¥232,0177,854g

改善前後の比較結果

改善前後の比較結果のまとめです。

項目改善前改善後結果
重量13,487g7,854g-5,633g
価格¥158,420¥232,017+¥73,597

改善の結果約5.6kgの軽量化に成功しました!

ただ、その分お金もかかったので7万3千円ほどは追加出費したことなりました。

モトフさん
軽量ギアは価格も高いのです

画像で比較したい方はこちら

画像でさっくと比較したい方へ前後比較を一緒にしたものと商品リストの画像もご用意しました。

改善前後比較の一枚絵

ソロキャンプのバックパック装備軽量化の改善前と改善後

クリックで拡大できます

画像化した商品リスト

ソロキャンプのバックパック装備の軽量化したギア比較リスト

クリックで拡大できます

最後に

昨今ウルトラライトなキャンプのブームにより様々な軽量ギアで販売されていますが。

ウルトラライトとは?

ザックの中身を厳選、軽量化することで可能な限り身軽となり、体力消耗を軽減させ安全度が高めることで深く自然を楽しもう、という考え方のこと。

軽量ギアの開発はコストもかかるようでお値段もそれなりです。

軽量化はあくまでソロキャンプを快適にするための手段なので、ソロキャンプを始めたいという人はまずは価格の安いギアから徐々に軽量化やお気に入りを見つけて揃えていくことがおすすめです。

モトフさん
大切なのは無理をしない範囲で楽しむこと

この記事がソロキャンプでの軽量化の参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ソロキャンプ

© 2020 CAMPERS REVIEW