ソロキャンプ

快適なソロキャンプのバックパックは容量60Lがおすすめ!詰め方のコツも解説

必要最低限の道具にしたくても、ついつい荷物が多くなってしまうソロキャンプ。特に徒歩キャンプではバックパックでの移動になりますが、道具の多さと比例してその容量も大きくなりますがどれくらいの容量がよいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?そんな方へおすすめのバックパックとその詰め方をご紹介します。

ソロキャンプを快適にするための道具類

バックパックで赴くソロキャンプは持ち運ぶ道具の量が限られているため最低限の荷物にしたいところ。だけどせっかくのキャンプならばできるだけ楽しく快適に過ごしたいですよね。

ソロキャンプを快適過ごすための道具類

そこでいかに快適性を犠牲にせずソロキャンプを楽しめるかと筆者が集めた道具類がこちらになります。

この道具類の詳細はこちらで紹介しています

ソロキャンプ道具一式
ソロキャンプに必要なものはこれ!道具一式おすすめ66選|総費用の値段もご紹介

続きを見る

これだけの道具類があればバックパックのソロキャンプでも快適かつさらに楽しく過ごすことができます。

ソロキャンプにおすすめな60Lバックパック

チャムス「チャムス グラフトン60 バックパック」

道具を多いと必然的にバックパックの容量も大きくなります。沢山の道具類を収納するには60Lの容量は欲しいところ。そこでおすすめなのがこちら、チャムス「チャムス グラフトン60 バックパック」です。

おしゃれなデザイン性と高い機能性を併せ持ったバックパックで、上記の道具類を全てをこのザックに収納できます。

小物類を収納できるポケットが豊富でレインカバーも付属。外付けスタイルもできるなど汎用性の高いモデルです

バックパックへの詰め方

先に紹介した道具類が本当に全てザックに収納できるかどうか疑問に思う方もいるかもしれませんね。

そこで実際にパッキングした詰め方もご紹介します。

なお、詰め方のコツとして以下を意識しています。

  • キャンプ場に到着してから使うタイミングが早いものは出しやすいようできるだけザックの上部へいれる
  • 重心を安定させるためできるだけ重いものを背中側へ入れる

本格的な「登山」のパッキングではなくあくまで「徒歩キャンプ」を目的とした自己流なのでご注意ください

step
1
インナーシートをザックの背中側に入れる

インナーシートを背面入れる

まず最初はインナーシートをザックの背中側の網に入れます。

step
2
ジャケットや着替えをドライサックへ入れる

ジャケットや着替えをドライサックへ入れる

次にドライサックにジェケットと着替えを入れ

ロールアップしたドライザック

ロールアップで圧縮します。

ポンチョは後で入れます。

step
3
ドライサックをザックの底へ入れる

ドライザックを入れる

使う頻度が一番低いジャケットや着替えはザックの底へ入れます。

step
4
インフレーターマットをザックの底へ入れる

インフレーターマットをザックの底へ入れる

インフレーターマットをザックの底にあるドライサックの横へ入れます。

寝具全般は本来この後に入れますが、ザックの衝撃を和らげるかつ隙間を埋める大きさとしてちょうどいいインフレーターマットはこのタイミングで入れてしまいます。

step
5
クッカーやメスティンをザックに入れる

クッカーへバナーなどをスタッキング

クッカーへバナーなどをスタッキングします。

メスティンに収納するものをスタッキング

次にメスティンへ収納するギアもスタッキングします。

クッカーとメスティンをザックに入れる

使用タイミングが遅いクッカーとメスティンをザックに入れます。

比較的重いメスティンは背中側へ入れます。

step
6
シンクや水筒をザックに入れる

シンクや水筒を入れる

シンクや水筒など軽いものをザックの表側にある網に入れます。

step
7
焚き火ギアをザックに入れる

焚き火系ギアを収納ポーチへ入れる

焚き火ギアを収納ポーチへ入れます。

焚き火系ギアや斧をザックに入れる

使用タイミングが遅い焚き火ギアや斧を入れます。

焚き火台は軽いので表側の網に入れます。

焚き火ツールは後で入れます

step
8
寝具類をザックに入れる

寝具系ギアをザックに入れる

インナーシートやピロー、湯たんぽなど柔らかいものを隙間に押し込み比較的重いシュラフを背中側へ入れます。

step
9
リビングに置くギアとランタンスタンドをザックに入れる

チェアとランタンスタンドを入れます。テーブルは軽いので表側の網に入れます。

step
10
タープ、テントをザックの上部に入れる

タープ、テントをザックに入れる

設営ですぐ使うテント、タープはザックの上部に入れます。

ポールは後で入れます。

ペグハンマーとフットプリンはトップポケット内側の網に入れます。

step
11
ソフトクーラーをザックの一番上入れる

ソフトクーラーをザックに入れる

保冷剤が溶けにくいようにソフトクーラーを一番上に入れます。

step
12
ライティング系ギアとポンチョをザックに入れる

ライティングギアやその他細々したものをトップポケットへ入れます。

ポンチョは急な雨でもすぐ着れるようトップポケットに入れます。

これでザック内部への収納は完了です。

step
13
ポールをザックに外付けする

テントポールはサイドポケットへ入れる

テントポールはサイドポケットへ入れ外付けします。

タープポールをザックに外付け

タープポールは本来はピッケを付けるホルダーへ取り付けます。

step
14
ブランケット、インナーマットをザックに外付けする

ブランケットと焚き火ツールを合わせたインナーマットを外付けします。

step
15
サンダルをザックのフロントポケットに入れる

フロントポケットにサンダルを入れます。

step
16
最後にマグカップとシェラカップをザックに外付け

最後にマグカップとシェラカップをカラビナで取り付けします。

step
17
パッキング完了

これでパッキング完了です。

道具類を並べた状態ではかなり物が多く見えたので筆者自身も本当に入るのか?と思いましたが、問題なくしっかりと収まりました。

重さに約12kgほどですが慣れてしまえば問題なく背負えるレベルです。

モトフさん
総重量15kgを超えるソロキャンパーもいるようです

ザックが重くて背負えない場合は?

キャプテンスタッグのキャリーカート

ザックが重くて背負えないという方にはキャリーカートと

 

CHUMS「ブービー マルチハードケース【Lサイズ】」

CHUMS「ブービー マルチハードケース L」がおすすです。

 

CHUMS「ブービー マルチハードケース」に収納したキャンプギア

このマルチケースに比較的重い道具やかさばる物などを入れて。

ソロキャンプ便利なキャリーカート

カートに乗せザックと荷物を分けて運べばで楽に移動できます。

マジックテープ

ちなみに100均で売っているようなマジックテープでケースをカートに固定すると安定感が増してより楽に運ぶことができます。

最後に

ここに紹介したのはバックパックで移動する徒歩キャンプを想定したものになります。

車やバイク、自電車など移動手段によって持ち運べるキャンプ道具の量も異なりますのでご自身のスタイルにあった運び方をチョイスしてみてください。

この記事がバックパックでソロキャンプに挑戦する方の参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ソロキャンプ

© 2021 CAMPERS REVIEW