ランタン

5050WORKSHOP「MINIMALight REMOTE CONTROL」|リモコン操作できるミニマライトをレビュー!

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」とリモコン「5050RC」

リモコン操作できる小型LEDランタン、5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」をご存知でしょうか? ハンディライトとランタンが一体となったミニマムなLEDライトとしてキャンプで人気な「MINIMALight(ミニマライト)」に遠隔操作できるモデルが登場、その魅力をご紹介します。

こちらもCHECK

キャンプにおすすめしたい充電式小型LEDランタン
キャンプにおすすめしたい充電式小型LEDランタン8選

続きを見る

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」とは?

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」とは?

おしゃれなデザインと利便性を兼ね備えた小型LEDランタン「MINIMALight(ミニマライト)」の後継モデルです。従来モデルより新たに機能を追加。さらに、リモコンによる遠隔操作もできるようになりました。

スペック情報

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のスペック

ブランド5050WORKSHOP
商品名MINIMALight REMOTE CONTROL
価格¥3,960 (税込)
重量H123×W26.5×D26.5mm
サイズ約107g
光量ランタン:最大200ml、ハンディライト:最大250ml
点灯時間6〜10時間

従来モデルとの違い

従来モデルの「ミニマライト」との違いをご紹介します。

光量三段階調整とフラッシュライトを追加

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のスイッチ

点灯するためのスイッチは従来通り上部にあり、ここを押すことで光量とモードの切り替えができます。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_1

まずスイッチを一度押すとランタン部分が温白色の「High」で点灯。光量は200ml、点灯時間は6時間です。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_2

もう一度押すと温白色の「MIdium」へ切り替え。光量は100ml、点灯時間は10時間です。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_3

もう一度押すと温白色の「Low」へ切り替え。光量は20ml、点灯時間は20時間です。

「 MINIMALight REMOTE CONTROL」では新たにこの「Low」が追加されました。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_4

さらに、もう一度押すと暖色の「High」へ切り替え。光量は200ml、点灯時間は6時間です。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_5

もう一度押すと暖色の「MIdium」へ切り替え。光量は100ml、点灯時間は10時間です。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」_6

もう一度押すと暖色の「Low」へ切り替え。光量は20ml、点灯時間は20時間です。

暖色でも新たに「Low」が追加されました。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の切り替え_7

さらに、もう一度押すとランタンからハンディライト(懐中電灯)へモード切り替え。さらにもう一度押すとフラッシュライトになります。

「 MINIMALight REMOTE CONTROL」ではハンディライトにフラッシュライト機能が追加されました。

従来のモデルと違い、光量が三段階調整でき、フラッシュライトも搭載されました。

上部にマグネットを標準装備

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のマグネット

従来モデルと違い上部にマグネットが標準装備されました。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のマグネットで壁に取り付け

ステンレス製の壁などに取り付けることができます。

上部にマグネットを標準装備。車などに取り付けできるのでキャンプ時の夜間作業などで周囲を照らしやすくできます。

リモコンでの遠隔操作

 MINIMALight REMOTE CONTROLと5050RC

従来のモデルとの最大の違いは、別売りのリモコン「5050RC」を使うことで遠隔操作ができることです。

通常モデルの「 MINIMALight(ミニマライト)」はリモコン対応していません。「5050RC」を使えるのはリモコン対応モデル「MINIMALight REMOTE CONTROL」のみとなります。

別売りのリモコンにより遠隔操作が可能に。

5050RCのスペッック情報

ブランド5050WORKSHOP
商品名5050RC
価格¥1,100(税込)
サイズH26.5×W75×D26.5mm
重量約20g

操作方法

5050RCの操作方法

操作方法は多岐に渡ります。

電源ON/OFF点灯と消灯、点灯時にはランタン部が点滅
モードの切替温白色/暖色の色温度そのままでの光量とモードの切り替え
明るさ調整(▲)光量を上げる
明るさ調整(▼)光量を下げる
色温度の切替温白色/暖色の色温度の切り替え

使い心地

 MINIMALight REMOTE CONTROLのリモコン操作_1

 MINIMALight REMOTE CONTROLのリモコン操作_2

数メートル離れた距離でもリモコンは反応しました。ただ、しっかりとリモコンをランタンに向けないと反応しない時がありますが、慣れれば気にならないレベル。キャンプの際に点灯と消灯が遠隔できるのはかなり便利です。

キャンプの就寝時に寝袋から動かないでも消灯できて便利

 MINIMALight REMOTE CONTROLのリモコン操作_3

ちなみに、光量調整は上部スイッチと異なり10段階での調整ができます。

 5050RCの充電

充電はランタンと同じくUSBケーブルを通じて行います。

USBケーブルはあらかじめ付属されています。

従来と同じ機能

従来モデルの「ミニマライト」と同じ機能も引き継いでいます。

蓄光素材で夜間も視認できる

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の蓄光性

ランタン部分には蓄光素材を採用。ライトを消した後でも視認可能となります。

夜の暗いテント内などでもランタンの場所が分かります。

USBケーブルでの充電

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の充電_1

 

上部がシリコンキャップとなっていて外すことができ、ここにある差し込みポートから

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の充電_2

ここにUSBケーブルを通して充電することができます。なお、充電中はポート内のインジケーターが赤く点滅。充電完了すると赤く点灯したままとなります。

USBケーブルはあらかじめ付属されています。

ハンディライトは照射範囲を調整可能

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」ハンディライトの照射範囲調整_1

ハンディライト(懐中電灯)はこの部分を

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」ハンディライトの照射範囲調整_2

調整することで照射範囲を変更可能です。

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」ハンディライトの照射範囲調整_3

広範囲を照らしたり

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」ハンディライトの照射範囲調整_4

ズームすることで最長100m先も照らすことができます。

キャンプ時夜間の行動時でも周囲を照らすのに活躍します。

モバイルバッテリーにもなる

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のモバイルバッテリー機能_1

上部には充電用の差し込みポートともう一つUSBポートがあり

5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」のモバイルバッテリー機能_2

ここからUSBケーブルでiPhoneなどのスマホへ充電可能。モバイルバッテリーとして使うことができます。

1/4ネジの製品にも取り付け可能

さまざまな別売りのオプションパーツがあることも魅力な5050WORKSHOP「ミニマライト」。

SCREW ADAPTOR for MINIMALight

拡張パーツ「SCREW ADAPTOR for MINIMALight」を使うことで1/4ネジの製品にも取り付けすることができます。

スペック情報

 SCREW ADAPTOR for MINIMALight

ブランド5050WORKSHOP
商品名SCREW ADAPTOR for MINIMALight
価格¥880(税込)
サイズφ27×7mm
重量約20g

 SCREW ADAPTOR for MINIMALightの取り付け_1

取り付けはランタンの先端(レンズ部分)を

 SCREW ADAPTOR for MINIMALightの取り付け_2

取り外して

 SCREW ADAPTOR for MINIMALightの取り付け_3

取り替えるだけです。

先端(レンズ部分)は回すことで簡単に外すができます。

1/4ネジの三脚に取り付けた5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」

「SCREW ADAPTOR for MINIMALight」のネジ穴を使えば1/4ネジを搭載した三脚などと連結することができます。

「SCREW ADAPTOR for MINIMALight」のマグネットで壁に取り付けた5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」

なお、「SCREW ADAPTOR for MINIMALight」にもマグネットが付いているのでステンレス製の壁などに取り付けできます。ただし、レンズを外してしまうためこの状態ではハンディライトは使用できないので「 MINIMALight REMOTE CONTROL」の場合は標準装備されたマグネットをそのまま使えばよさそうです。

「SCREW ADAPTOR for MINIMALight」を付けるとハンディライトが使えなくなる

最後に

最後にこれまで紹介したポイントをまとめてみました。

  • 従来モデルとの違い
    • 光量に「Low」が追加され三段階調整に
    • マグネットを標準装備
    • リモコンで遠隔操作が可能
  • 従来と同じ機能
    • 蓄光素材で夜間も視認できる
    • USBケーブルで充電できる
    • ハンディライトは照射範囲を調整可能
    • モバイルバッテリーにもなる
    • 1/4ネジの製品にも取り付け可能

多機能なカステムが楽しめる小型ランタンといえばGoal Zero「LIGHTHOUSE micro FLASH」が有名ですが、5050WORKSHOP「 MINIMALight REMOTE CONTROL」はカスタムパーツなしでも多機能な要素も標準装備されています。リモコンは別売りですがランタン含め価格はリーズナブル。キャンプで大活躍してくれるアイテムとなりそうです。

 

 

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ランタン

© 2022 CAMPERS REVIEW