ランタン

38explore「38灯」|多彩なカスタムが楽しめる小型LEDランタンをレビュー!

38explore「38灯」

小型LEDランタンを楽しく便利にカスタムしていきたい!そんな方におすすめなのがガレージブランド、38exploreさんからリリースされた「38灯」。シンプルな設計ながらも様々な楽しみ方を備えた話題の小型LEDランタンをご紹介します。

こちらもCHECK

キャンプにおすすめしたい充電式小型LEDランタン
キャンプにおすすめしたい充電式小型LEDランタン8選

続きを見る

38explore「38灯」とは?

38explore「38灯」とは?

多機能テーブル「38grate」や小型ランタンスタンド「ZEROPOD38」など大人気のキャンプギアを数々展開するガレージブランド、38exploreさんから満を持して販売された小型LEDランタンです。シンプルな設計ながら様々なカスタムや楽しみ方を備えたランタンとなっています。

38explore「ZEROPOD38 」
参考38explore「ZEROPOD38」|使い方などを徹底レビュー

続きを見る

モトフさん
「38灯(ミヤビ)」と読むそうです

スペッック情報

38灯のスペック情報

ブランド38explore
商品名38灯(ミヤビ)
価格¥6,600 税込
サイズH102mm Φ42mm
重量重量100g
輝度最大200ルーメン
点灯時間Hightモードで約9時間
防水生活防水
モトフさん
今後はさらに価格が安い「バッテリー非搭載モデル:4950円(税込)」も展開予定とのことです

購入はコチラ

重量とサイズ

38灯の重量

実際に重さを計ってみたところ重量は103g。

38灯の長さ

縦の長さは10.2cmでした。

38灯のサイズ感

ゴールゼロと並べてみると縦のサイズはそこまで大きく変わらずですが、38灯の方が直径は太いようです。

点灯方法

38灯のタッチセンサー

点灯は上部のスイッチで行いますが、このスイッチはタッチセンサーになっているのでタッチするだけで簡単に点灯します。

モトフさん
テント内が暗くても簡単に点灯することができて便利ですね

光量切り替え

38灯の光量切り替え_1

スイッチを押すと光量「弱」で点灯

38灯の光量切り替え_2

もう一度スイッチを押すと光量「強」で点灯。この時に輝度は200ルーメン、最大で約9時間点灯します。

38灯の点灯

もう一度スイッチを押すと消灯します。

モトフさん
弱→強→消灯とシンプルな切り替え、最大光量は200ルーメンになります

38灯の無段階調整

なお、「弱」の状態でスイッチを長押しすると無段階調整も可能です。

充電方法

38灯の充電

充電は上部にあるタイプCポートの差し込み口から行います。なお、差し込み口で小さく緑に点灯しているのがインジケーターになります。

38灯の充電方法

USB Type-CケーブルをPCなどから繋いで充電することができます。充電中はインジケーターが点滅、満タンになるインジケーターが点灯状態となります。

また、電池残量が少なくなるとバッテリー保護モードが働き微弱点灯になるので、その都度充電が必要になります。

モトフさん
なお、バッテリーの劣化を防ぐため急速充電には対応していないそうです

USB Type-Cケーブル

ちなみにUSB Type-Cケーブルは付属されていませんので別途用意する必要があります。

モトフさん
NATURAの小型LEDランタンにはUSB Type-Cケーブルが付属されているので流用したりできます
NATURA「LED SUPER FLASH LIGHT」
参考ゴールゼロに続く高機能ランタンが登場!NATURA「LED SUPER FLASH LIGHT」とは?

続きを見る

充電池は交換可能

38灯のの充電池

本体底部をはずことで充電池を取り外しできます。

18650リチウムイオン電池 バッテリー

18650リチウムイオン電池バッテリー(凸起なし)が採用されていますが、このバッテリーは簡単に入手できますので、劣化したら交換することができます。

モトフさん
38exploreさんでも同じバッテリーの販売を計画しているそうです

ホヤの交換や変更も

38灯のホヤ

38灯は分解することでき、ホヤの交換や変更ができる仕様とのことです。

モトフさん
この先、交換用のホヤなどが販売されそうです

防水は生活防水

38灯の防水性能

防水性能は「生活防水」となっているので、水没など圧力のかかる耐水性能はありません。

生活防水とは?

手洗いや洗顔、雨が当たるレベルの防水のこと
モトフさん
「生活防水」があるとはいえ基本的には水に濡れないよう注意した方がよさそうです

u1/4 カメラネジを搭載

38灯のネジ穴_1

38灯の上部と

38灯のネジ穴_2

底部にu1/4 カメラネジのネジ穴を搭載しています。

このネジ穴を使うことで

ZEROPOD38に設置した38灯_1

ZEROPOD38に設置した38灯_2

同じく38exploreから販売されている小型ランタンスタンド「ZEROPOD38」と連結することができます。

カメラネジ

さらに、カメラストラップ用ネジを使えば

ランタンハンガーに吊るした38灯

ランタンハンガーにも吊るせます。

アダムスキーハット

さらに、さらに、カメラストラップ用ネジを付けた状態であればLOCKFIELD EQUIPMENTさんのランタンシェード「アダムスキーハット」を

アダムスキーハットをつけた38灯

装着することもできます。

モトフさん
これ以外にもさまさまなバリエーションのカスタムや使い方もあります

最後に

SOS用の点滅モードや懐中電灯になるフラッシュモードなどの機能はあえて入れず、点灯機能はシンプルな設計ながらも、カスタムや使い方ののバリエーションは多彩。今後、オフィシャルパーツなどもどんどん販売されそうな予感ですので、展開が楽しみなランタンといえそうです!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ランタン
-

© 2022 CAMPERS REVIEW