チェア・テーブル

SOTO フィールドホッパーをレビュー!天井固定方法やオゼン・類似品とも徹底比較

更新日:

SOTOのミニテーブル「フィールドホッパー ST−630 」

アウトドアシーンで活躍するミニテーブル「SOTO フィールドホッパー ST−630 」。

軽量ミニテーブルの代名詞として人気の同ギアですが、

「サイズや重量、使用感は?どれ位物を置けるの?」

「スノーピークのオゼンとならどちらが良い?他に類似商品はあるの?」

と検討している方に向け「SOTO フィールドホッパー ST−630」の魅力を徹底解説していきます。

モトフさん
では早速解説していきます。

「SOTO フィールドホッパー ST−630」とは?

SOTO フィールドホッパー

ガスバーナー、ランタン、ストーブなど燃焼器具を展開するアウトドアブランド「SOTO」が登山やキャンプの際に素早くプライベートテーブルを確保することを目的にプロデュースしたミニテーブル。

バックパックのサイドポケットに収納できるほどの軽量・コンパクトなサイズ感とわずか数秒で広げることができる利便性が大きな魅力となっています。

軽量が良いならいっそテーブルを持ってかないで、物は地面に置いちゃだめなんですか?
タカシくん
モトフさん
野外の地面は不安定だから容器の中身がこぼれたり、特にバーナーなど火を扱うには危ないからテーブルは必須なんだよ
確かに不安定な地面で火を扱うのは危ないですね・・
タカシくん

「SOTO フィールドホッパー」スペック情報

製品名 SOTO フィールドホッパー ST−630
価格 ¥5,280(税込)
組み立て時のサイズ 幅29.7×縦21×高さ7.8cm
収納時のサイズ 幅29.7×縦11×高さ1.9cm
重量(本体のみ) 395g
耐荷重 3kg
材質 アルミニウム合金、ステンレス鋼
付属品 収納ケース
JANコード 4953571 076300

「SOTO フィールドホッパー」の魅力

では、改めて「SOTO フィールドホッパー」の魅力を解説していきます。

軽量ミニテーブルという同ギアの大きさ、重量、サイズ感などを見ていきましょう。

まずは製品を確認

確認するほどの内容ではありませんが、製品としては以下の要素となっています。

「SOTO フィールドホッパー」製品の確認

①フィールドホッパー本体
・天井:物を置く部分
・スタンド:天井を支える足、4本あり
②収納ケース

モトフさん
収納ケースが付属品として付いているのは便利ですね!

重量を測ってみる

それでは重量計に乗せて測ってみましょう。

公式のスペック情報では重量は「約395g(本体のみ)」とのことですが、実際にはどうでしょうか。

本体のみ

「SOTO フィールドホッパー」の重量

本体のみだと「378g」でした。

あれ?公式スペック情報より少し軽いですね。。
タカシくん
モトフさん
個体差か使用頻度によって多少変わるのかな?

収納ケース

「SOTO フィールドホッパー」収納ケースの重量

ちなみに収納ケースは「17g」でした。

サイズを測ってみる

では続いて大きさやサイズ感を見ていきましょう。

収納時と組み立て時とそれぞれ測っていきます。

収納時のサイズ

公式のスペック情報では収納時のサイズは「幅29.7×縦11×高さ1.9cm 」とのことですが実際にはどうでしょうか。

収納時の横のサイズ

「SOTO フィールドホッパー」収納時の横の寸法

公式スペック情報によると収納時の横のサイズは「29.7cm」でしたがちょうど「29.7cm」といったところでしょうか。

こちらは公式スペック情報通りですね。

なお、サイズ感も分かりやすように「500ml」のペットボトルも並べて置いています。

収納時の縦のサイズ

「SOTO フィールドホッパー」収納時の縦の寸法

公式スペック情報によると収納時の縦のサイズは「11cm」でしたが、測って見たところちょうど「11cm」というところでしょうか。

こちらも公式スペック情報通りですね。

収納時の高さのサイズ

「SOTO フィールドホッパー」収納時の高さの寸法

公式スペック情報によると高さのサイズは「1.9cm」でしたが、測って見たところちょうど「1.9cm」でした。

こちらもスペック情報通りですね。

収納時の手に持ったサイズ感

「SOTO フィールドホッパー」手に持ったサイズ感

収納時の手に持ったサイズ感はこんな感じ。簡単に片手で持てる大きさです。

モトフさん
収納時の大きさはA4用紙半分くらいのサイズです。
サイドポケットにも入るサイズ

「SOTO フィールドホッパー」サイドポケットに入れた状態

収納された状態ですとバックパックのサイドポケットに収まるサイズです。

サイドポケットに入れた方がいいんですか?
タカシくん
モトフさん
登山中にサイドポケットに入れておけばテーブルを広げるまで数秒なので小休憩時の際に便利なんだよ
なるほど!確かにわざわざバックパックを開かないで済みますね!
タカシくん

組み立て時のサイズ

では続いて組み立てた状態でのサイズを測ってみます。

公式のスペック情報では収納時のサイズは「幅29.7×縦21×高さ7.8cm」とのことですが実際にはどうでしょうか。

組み立て時の横のサイズ

「SOTO フィールドホッパー」組み立て時の横のサイズ

公式スペック情報によると組み立て時の横のサイズは「29.7cm」でしたが、ちょう ど「29.7cm」といったところでしょうか。

モトフさん
収納時の横のサイズとほぼ同じになりますね。
組み立て時の縦のサイズ

「SOTO フィールドホッパー」組み立て時の縦のサイズ

公式スペック情報によると組み立て時の縦のサイズは「21cm」でしたが、ちょうど「21cm」といったところでしょうか。

こちらも公式スペック情報通りですね。

組み立て時の高さのサイズ

「SOTO フィールドホッパー」組み立て時の高さのサイズ

公式スペック情報によると組み立て時の高さのサイズは「7.8cm」でしたが、ちょうど「7.8cm」といったところでしょうか。

全て公式スペック情報通りですね!

組み立て時の手に持ったサイズ感

「SOTO フィールドホッパー」組み立て時手に持ったサイズ感

組み立てた状態でも片手で簡単に持つことができます。

コンパクトさが大きな魅力ですが、とはいえ複数人でのキャンプのメインテーブルには不向きなので、あくまでソロキャンプ向きと言えそうです。

ソロキャンプ限定のテーブルなんですね
タカシくん
モトフさん
複数人のキャンプでもメインの大テーブルと合わせて個人的なちょっとした物を置くサブテーブルとしても使えるんだよ
確かに、財布やサングラスなど個人的な小物を置くにはちょうどいいですね
タカシくん

使い方を解説

では続いて「SOTO フィールドホッパー」の使い方を解説します。

組み立て方や実際の使用感などを見ていきましょう。

組み立て方法

「SOTO フィールドホッパー」の閉じた状態

組み立てといってもほとんどやることはありません。

閉じている状態の本体を。

「SOTO フィールドホッパー」の開いた状態

ただ開くだけ。

開くと4本のスタンドが飛び出すこのギミックにより。

「SOTO フィールドホッパー」の組み立てた状態

わずかワンアクション1秒で組み立てることができます。

この利便性が「SOTO フィールドホッパー」の最大の魅力と言えます。

収納方法

「SOTO フィールドホッパー」のスタンドをしまう

収納方法も簡単で折り畳んだら飛びでているスタンドを内側に押すことで。

「SOTO フィールドホッパー」の収納された状態

わずか2秒ほどで収納できることができます。

実際に物を置いてみる

「SOTO フィールドホッパー」の食器類を置いた状態

実際の使用感を計るためキャンプ用食器類などを置いてみました。

一人用キャンプなら問題なく物が置けますね。

ただ、スタンドが細いので、凹凸のある地面や柔らかい砂地などで使うのは不向きかもしれません。

モトフさん
できれば傾斜のない平坦で硬い地面での使用がおすすめです。

「SOTO フィールドホッパー」できる限り物を置いてみる

他にもボトルやバーナーなど出きり限りの物を置いてみましたが意外と物を置くことができますね!

モトフさん
置ける最大重量は3kgまでなので重い物は要注意です。

落下防止加工もあり

「SOTO フィールドホッパー」の落下防止加工

天井で箸などが落下しないようストッパーの役割がある落下防止加工もされています。

こういった細かい気配りが素敵な製品ですね!

使用時の注意点

利便性が高いことが魅力の「SOTO フィールドホッパー」ですが、実は使用時にはいくつか注意点があります。

高さがないのでハイスタイルに不向き

「SOTO フィールドホッパー」はローチェアがおすすめ

前述した通り組み立て時の高さは「7.8cm」しかないので、「フィールドホッパー」をメインで使う場合は、座高が高いハイチェアは不向き。例えば、ヘリノックスのような背の低いローチェアでのロースタイルがおすすめです。

モトフさん
座高が高いまま使うと腰を痛めてしまいます。

高温の鋳物系は置けない

StockSnap / Pixabay

熱したダッチオーブンやスキレットなどの鋳物系を置くことはできません

少し熱したクッカーやバーナーなどは置いても大丈夫ですが、高温の鋳物系を置いてしまうと熱で形状が変形してまうので注意が必要です。

モトフさん
熱した鋳物系の料理器具は耐熱用のテーブルなどに置きましょう。

天井は固定できない

「SOTO フィールドホッパー」ロック機能がないのでくの字に

「フィールドホッパー」は 開いた状態でのロック機能がなく天井部分が固定できないので、開いた状態で持つと天井が「くの字」になってしまいます。

ですので、物を置いた状態で持ち運ぶと落下してしまうので注意が必要です。

固定できる方法もある

「不用意に持ちあげてしまうと天板の上に置いてある物が落下してまうので固定したい」、という方もいるようですが。

「SOTO フィールドホッパー」の天井はピンペグで固定できる

実はピンペグを使うことで天井を固定できる方法があります。

「SOTO フィールドホッパー」ピンペグを裏側に固定

ピンペグを裏面に差し込むことで中折れ防止になり、天井をロックすることができるようです。

「SOTO フィールドホッパー」ピンペグで天井を固定した状態

持ち上げても「くの字」に曲がらないようになりました。

「スノーピーク オゼン ライト」との比較

「SOTO フィールドホッパー」ですが、同じくアウトドアブランドであるスノーピークのミニテーブル「スノーピーク オゼン ライト SLV-171」と比較されることが良くあるようです。

「オゼン」との比較表

両ギアともに形状やサイズ感も似ていますがスペックなどを比較してみましょう。

比較表

製品名 SOTO フィールドホッパー ST−630 スノーピーク オゼン ライト SLV-171
価格 ¥5,184(税込) ¥5,238(税込)
組み立て時のサイズ 幅29.7×縦21×高さ7.8cm 幅29.7×縦21×高さ8.5cm
収納時のサイズ 幅29.7×縦11×高さ1.9cm 幅29.7×縦21×高さ2.5cm
重量(本体のみ) 395g 270g
耐荷重 アルミニウム合金、ステンレス鋼 アルミニウム合金、ステンレス鋼
付属品 収納ケース 週報ケース
天井の固定 固定されない 固定される
組み立て時間 1秒 3分

比較の要約

比較内容を要約すると

  • 価格は「SOTO フィールドホッパー」の方が「54円」だけ安い
  • 重さは「スノーピーク オゼン ライト」の方が「125g」軽い
  • 使用時の高さは「スノーピーク オゼン ライト」の方が「0.8cm」高い
  • 天井は「スノーピーク オゼン ライト」は固定されている
  • 組み立ては「SOTO フィールドホッパー」の方が簡単

どちらも素晴らしいギアなので悩むところです。

「SOTO フィールドホッパー」限定のカラー&カバー

「SOTO フィールドホッパー」には秋冬限定のカラーとクッションカバーも発売されています。

3色の限定カラー

限定カラーは以下の3種類が発売されています。

  • ブラウン
  • ゴールド
  • ブルー

ただ、こちらの限定カラーは「2016年秋冬限定」なので既に販売は終了しているようですね。

しかし、ゴールドなどカラーによってはモール系のECサイトでまだ販売されているようです。

3色以外のカラーも

3色以外のカラーでは、アウトドア用品店「ナチュラム」さんとのコラボ商品として、マッドブラック色の「フィールドホッパー(ナチュラム別注カラー)」が発売されていました。

モトフさん
ブラックは汚れが目立たなくていいですね。

限定カバー

「フィールドホッパー」には「限定クッションカバー」なる商品も発売されています。

この「限定クッションカバー」は表面がポリエステル、内面がアルミ蒸着フィルムとなっており「フィールドホッパー」をやさしく保護して収納することができます。

さらに、このアイテム、広げて座布団として使用することができるすぐれもの。

断熱効果も高いので秋冬の地面の冷気からお尻をしっかり断熱してくれそうです。

「限定クッションカバー」スペック情報

製品名 フィールドホッパー用クッションカバー ST-6301
価格 ¥1,598(税込)
重量 72g
折りたたみ時のサイズ 幅12.5×厚さ3.5×奥行き33cm
広げた状態のサイズ 幅27.5×厚さ0.5×奥行き33cm
材質 発泡ポリエチレン、ポリエステル、アルミ蒸着フィルムステンレス、固定ベルト:PP、ナイロン
耐熱温度 約70度

「SOTO フィールドホッパー」類似商品

「フィールドホッパー」とよく似た安価なミニテーブルの類似商品がAMAZONなどには多数販売されているようですが、その一部を紹介したいと思います。

おすすめの類似商品

商品名 QVONTON (キュワントン) ポップアップソロテーブル FLYFLYGO ミニテーブル HaoSheng ミニテーブル
メーカー QVONTON FLYFLYGO FLYFLYGO
価格 ¥1,880(税込) ¥1,780(税込) ¥1,699(税込)
組み立てサイズ 横34.4×縦24.7×高さ10.4cm 横35×縦25×高さ10cm 横35×縦25×高さ10.7cm
収納サイズ 横37.5×縦14cm 横39×縦15cm 横約38.5×縦16.5cm
重量 373g 400g 481g
荷重量 約10kg 約10kg 約10kg
材質 アルミ、ステンレス アルミ、ステンレス アルミニウム合金
収納ケース有無 有り 有り 有り
組み立てまでのステップ 4ステップ 4ステップ 4ステップ
売り場 この商品を買う この商品を買う この商品を買う

類似商品の共通項

類似商品を比べてみたところ

  1. 部品を収納ケースから出し並べる
  2. 天井を合わせる
  3. スタンドをつける
  4. もう片方のスタンドもつける

と4ステップかかるのはだいたい共通ですね。

このことからもワンアクション1秒で組み立てることができる「フィールドホッパー」の利便性の高さが分かるかと思います。

また、安価なギアは壊れやすい、というデメリットもあるので、頻繁にミニテーブルを使う機会が多いようならばできれば「フィールドホッパー」のようなしっかりした商品を買うことをおすすめします。

モトフさん
頻繁に使うことがないなら類似商品でも良さそうですね。

まとめ

最後にこれまで解説したポイントを改めてまとめてみました。

  • 軽量で重さ378g(公式は395g)
  • 収納時もA4サイズと半分とコンパクト
  • バックパックのサイドポケットにも入るサイズ
  • 組み立て時はワンアクション1秒、折りたたみもわずか2秒
  • クッカーやバナーなど物は十分に置ける
  • あくまでソロキャンプかサイドテーブル向き
  • ハイスタイルよりロースタイル向き
  • 高温の調理器具は置けない
  • 天井はピンペグで固定できる
  • 「スノーピーク オゼン」よりは重いが展開が楽
  • おしゃれな限定カラーもあり
  • 安価な類似商品を買う場合は利用頻度次第

これをみる限り「SOTO フィールドホッパー」は価格に見合う以上の素晴らしい製品ではないでしょうか。

今回紹介した「SOTO フィールドホッパー」のような素晴らしいキャンプギアに出会うことで皆様のキャンプライフがさらに楽しいものになれば幸いです。

モトフさん
テーブル選びはキャンプでも重要なのでタカシくんも自分に合ったテーブルを探してみよう
はい!自分はめんどくさがりなので、直ぐに使用できる「フィールドホッパー」を知れてとても参考になりました!
タカシくん
  • この記事を書いた人
モトフさん

モトフさん

キャンプと音楽を愛するWEBエディター。自分で体験したことだけをレビュー&レポートしていくことにこだわり記事を発信中。
プロフィール詳細はこちら

-チェア・テーブル

Copyright© CAMPERS REVIEW , 2019 All Rights Reserved.