PR チェア・テーブル

ZEN Camps「SOTO ST-310 遮熱板兼テーブル」|ソロキャンプに最適なミニテーブルをレビュー

ZEN Camps「SOTO ST-310 遮熱板兼テーブル」

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」をより便利にできるZEN Camps「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」をご存知でしょうか?軽量かつコンパクトに持ち運べて「ST-310」の利便性を向上できるソロキャンプに最適なミニテーブルをご紹介します。

提供:ZEN Camps

ZEN Camps「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」とは?

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル

ソロキャンパー向けのギアを展開しているブランド『ZEN Camps』から販売されているミニテーブルです。国内バーナーブランドのパイオニア『SOTO』のロングセラーアイテム、「レギュレーターストーブ ST-310」を始めとしたシングルバーナーと連結できるのが大きな特徴。また、マッドブラックなオシャレなカラーリング、天板にはアルマイト処理を施しているので傷に強く、汚れも簡単に落ちるのも特徴です。

ブランドZEN Camps
商品名SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル
価格¥4,980(税込)
サイズ長さ 320mm X 幅 165mm
重量約335g
材質アルミ(アルマイト処理)

購入はコチラ

「ST-310」以外もOK

商品名に「ST-310」を冠していますが、それ以外のバーナー類にも対応。

計6種のバーナーに対応しています。

  1. SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」
  2. SOTO「レギュレーターストーブ FUSION ST-330」
  3. trangia「アルコールバーナー」
  4. Esbit「アルコールバーナー」
  5. Iwatani「マイクロストーブ」
  6. Iwatani「ジュニアコンパクトバーナー」

ココがポイント

計6種のバーナー類と連結できる。

商品開封

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_1

まずは商品の開封からご紹介していきます。

包装の中身

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_2

ビニールの包装に以下が入っていました。

  • 収納袋に収まった商品本体
  • CB缶カバー
  • ステッカー
  • カード(LINE公式アカウントのQRコード案内)

CB缶カバーを標準装備

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_3

なんとテーブル以外にもCB缶カバーが標準装備されていました。テーブルと同じブラックカラーなのでテイストを統一できそうです。

ココがポイント

CB缶カバーを標準装備

収納袋の開封

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_4

続いて商品本体が収まっている収納袋の開封です。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_5

収納袋の中には緩衝材に収まった商品本体と説明書が入っていました。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_6

説明書には写真入りでテーブルの組み立て方が解説されていました。

また、注意点としてSOTOの「レギュレーターストーブ FUSION ST-330」を使う場合は五徳が低いため、熱がテーブルに当たりやすく、長時間使うとテーブルが変色してしまう恐れがあるとのことです。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの開封_7

緩衝材には商品本体と予備のナットが入っていました。商品本体は2枚の天板に分かれています。

重量とサイズ

重量とサイズも測ってみました。

重量

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの収納時の重量

収納袋込みで374g。

サイズ

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルのサイズ_1

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルのサイズ_2

収納時のサイズは20cm X 20cm。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルのサイズ_3

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルのサイズ_4

展開時では32cm X 16.5cmでした。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルのサイズ_5

収納した状態で手のひらに乗せれるくらいの重量とサイズ感です。

この重量とサイズならソロキャンプ時のバックパックに入れても全くかさばらないで持ち運べそうです。

ココがポイント

ソロキャンプに最適な重量とサイズ感

組み立て方

ではここからは実際の組み立て方を解説します。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_1

まずは2箇所のナットを外します。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_3

ナットを外したネジ部分をもう一つの天板の穴に差し込みます。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_4

差し込んだ部分をナットで止めます。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_5

もう1箇所もナットで止めます。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_6

これで天板同士を連結できました。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_7

天板を連結したら3本の足を開きます。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_8

これでテーブルとして自立しました。慣れれば1分ほどで組み立て可能です。

ココがポイント

約1分ほどで組み立てできる

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_9

最後は「ST-310」も組み立てて。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_10

五徳を天板の穴にはめれば

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使い方_11

これで設置完了です。なお、かつての旧型では脚が2本であったことから置く物の重さによっては天板に歪みが出ていたらしいですがこの新型は脚を3本に改善することで耐荷重が向上したそうです。

ココがポイント

3本足にしたことで耐荷重が向上

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの予備ナット

ちなみに、開封時にも紹介していますが、取り外しができるナットは予備も用意されているのでもし紛失しても安心です。

遮熱板としても活躍

「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」と商品名が示す通り本商品は輻射熱を遮る「遮熱板」としても活躍します。

ST-310の遮熱板

「ST-310」自体にももちろん純正の遮熱板は着いているのですが。

ST-310とフライパン

五徳に収まらないようなフライパンなどは

ST-310の遮熱

純正の遮熱板では輻射熱を遮ることができず、ガスボンベが高温になることで爆発する危険性があります。

五徳に収まるクッカーやメスティンでも長時間使用すると輻射熱がボンベに伝わる危険性があります。

ST-310の輻射熱をブロック

しかし「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル」を使うことで天板が輻射熱をブロックするので大きなフライパンはもちろん長時間の使用でも安全に使うことができます。

ココがポイント

輻射熱を遮る「遮熱板」としても活躍

キャンプでの使用感

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使用感_1

実際のキャンプでの調理に使ってみました。

ロースタイルのソロキャンプではなかったのでテーブルに置いて使用しています。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使用感_2

スープを煮込みつつ天板に置いたミニまな板で食材をカットしながら。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使用感_3

切った食材をスープに入れるなどミニキッチンとして簡単な料理をするには十分なスペースでした。

SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブルの使用感_4

テーブルに載せないで直接地面に置いた状態の超ロースタイルでも問題なく作業できるかと思います。

まとめ

最後にこれまで紹介したポイントをまとめてみました。

  • 計6種のバーナー類と連携できる
  • CB缶カバーを標準装備
  • ソロキャンプに最適な重量とサイズ感
  • 約1分ほどで組み立てできる
  • 3本足にしたことで耐荷重が向上
  • 輻射熱を遮る「遮熱板」としても活躍

ZEN Camps「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル 」があればソロキャンプをより楽しく過ごすことができそうですソロキャンプに最適なミニテーブルを探している、そんな方の参考になれば幸いです!

「SOTO ST-310シングルバーナー用 遮熱板兼テーブル 」の購入はコチラ

ZEN Campsにはまだまだ、素晴らしいギアがたくさんあるのでオンラインストアもチェックしてみてください!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-PR, チェア・テーブル

© 2021 CAMPERS REVIEW