ストーブ

トヨトミの「レインボーストーブ」を徹底レビュー|収納ケースや冬キャンプについて

更新日:

トヨトミ「レインボーストーブ」

冬キャンプ用に石油ストーブの購入を検討しているけど、各メーカー様々なストーブが販売されていて何を買えばいいか迷っていませんか?

そんな方におすすめしたいトヨトミの「レインボーストーブ」をご紹介します。

密閉された室内、テント内での石油ストーブの利用は一酸化炭素中毒の危険があるので大変危険です。十分に換気された環境で利用するよう注意してください。

モトフさん
では早速紹介していきます

トヨトミ「レインボーストーブ」とは?

7色に光る『トヨトミレインボーストーブ』

大手暖房器具・空調機器メーカー・TOYOTOMIの石油ストーブです。

ストーブの炎がガラスに 7 色に写りこむので「レインボーストーブ」と言われ、中でもこの「RL-250」はランタン調のストーブとしてキャンプでも人気のアイテム。

日本製ということもあり地震などで転倒した際に自動で消える「対震自動消火装置」が付いているなど安全面でも定評があります。

スペック情報

型式名 RL-250
暖房の目安 コンクリート(集合):9畳(15.0㎡)まで
木造(戸建):7畳(11.5㎡)まで
最大燃焼時間 20時間
タンク容量 4.9 L
質量 約6.2kg
暖房出力 2.5kW
寸法(置台を含む) H485.7×W388×D388mm
特徴 地震などで転倒した際に自動で消える対震自動消火装置付
灯油独特の匂いをセーブするニオイセーブ消火

そもそもなぜ「レインボーストーブ」がおすすめなのか?

キャンプに最適といわれる石油ストーブは他にもいくつかあり、中でもキャンプで人気の「4大ストーブ」の中でどれにするかかなり悩みました。

その結果自分はトヨトミ「レインボーストーブ」が一番良かったのです。

キャンプで人気の「4大ストーブ」とは?

キャンプで人気の「4大ストーブ」は今回紹介するトヨトミも含め以下4製品。

  1. トヨトミ レインボーストーブ
  2. フジカハイペット
  3. アルパカストーブ
  4. アラジンストーブ

各メーカーの主なモデルのスペック比較は以下です。

製品名 トヨトミ レインボーストーブ RL-250 フジカハイペット(反射板なし) アルパカストーブ TS77-A アラジンブルーフレームヒーター
参考価格 30,800円(税込) 27,500円(税込) 20,800円(税込) 54,780円(税込)
暖房最大出力 2.5kw 2.5kw 3.38kw 2.68kw
最大燃焼時間 20時間 12時間 15時間 15時間
タンク容量 4.9L 4.1L 6L 4.1L
重量 6.2Kg 5.5Kg 6.4Kg 8.5Kg
寸法 H485×W388×D388 H432×W310×D310 H440×W323×D323 H551×W388×D388
特徴 燃焼時間が長い。安心の日本製。 電話受付のみ。4ヶ月待ちの人気商品。 韓国製のストーブ。日本では輸入品のみ。 英国が誇る老舗ブランド
詳細リンク
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら 詳細はこちら

トヨトミの「レインボーストーブ」にした理由

各製品悩んだポイントを整理すると以下でした。

トヨトミ レインボーストーブ 価格はアルパカストーブなどと比べ若干高い燃焼時間が長く給油回数を減らせるので家使いも考えると良い。デザインと色も好み。日本製なのでもしもの際の補償なども安心。
フジカハイペット コンパクトで軽量というのが良くもっとも悩んだ製品。だが電話受付のみで4ヶ月待ちというのがハードルが高かった。
アルパカストーブ 暖房の出力が高いので冬キャンプにいいかと思ったが韓国製で輸入品が多いため保証の面が気になった。
アラジンストーブ デザインはいいが価格がもっとも高くサイズも大きいので収納や運搬が大変そう。

このように整理した結果トヨトミの「レインボーストーブ」が自分の趣向にぴったりだと判断しました。

モトフさん
全ての素晴らしい製品なのでかなり悩みました

スノーピークのレインボーランタンは同じ製品

ちなみにスノーピークから「レインボーストーブ」という商品が販売されていますがこちらはトヨトミの「レインボーストーブ」のOEM商品になります。

OEMとは?オリジナル・エクイップメント・マニュファクチャリング(Original Equipment Manufacturing)の略語。直訳すると「自社の製品を製造する会社」。 製造メーカーが他社ブランドの製品を製造することを指す。

基本スペックは同じですがスノーピークはロゴの刻印が入っている他、ブランド所縁の地、谷川岳周辺の等高線柄をガラスに施した特別仕様になっています。

「レインボーストーブ」のレポート

ではここからか使用感などを配送されたタイミングからレポートしていきます。

『トヨトミレインボーストーブ』の包装箱

包装はこのような段ボールで届きます。

包装状態の『トヨトミレインボーストーブ』

箱から取り出すとまだ包装紙が付いたままの状態なので開棚して外します。

このまま点火すると包装紙が燃えて危険なので残さず外します。

『トヨトミレインボーストーブ』包装内容の説明

包装箱にはこのように開棚方法が記載されているので分かりやすかったです。

『トヨトミレインボーストーブ』の燃料メーター

燃料である灯油のメーター(油量計)です。あとどれくらい燃料があるのか?燃料補充の際にあとどれくらい入るのか?がわかるので大変便利。燃料は「危」まで入れると溢れしまうのでその手前くらいまで補充します。

『トヨトミレインボーストーブ』緊急消化ボタン

直ぐに火を消したい時の緊急用の消化ボタンです。このボタンを押せ火力調整つまみを使わずとも直ぐ火を止めることができます。

あくまでイレギュラーな緊急用なので普段は使わないです。

『トヨトミレインボーストーブ』点火用電池

「レインボーストーブ」は電気式点火装置付き。単二電池4本が必要です。

『トヨトミレインボーストーブ』外炎筒つまみ

正面の扉を開けると外炎筒つまみがあります。外炎筒が正しくセットされているか、すわりを確認することができます。

また、電池がなくともこのつまみを持ち上げマッチで点火することもできます。

『トヨトミレインボーストーブ』の給油口

給油口です。蓋は外れないようなしっかりした設計。

タンクは万が一の転倒しても灯油が溢こぼれにくい二重構造になっています。

『トヨトミレインボーストーブ』の置き台

なお、このストーブには置き台も付いてます。

使用時に乗せるのが必須とのことです。

給油について

給油については別途灯油を入れるタンクが必要です。

『トヨトミレインボーストーブ』用の灯油タンク

キャンプにおすすめなのはドイツ製のヒューナースドルフのフューエル缶。

ヒューナースドルフのフューエル缶レッド

フューエル缶には赤色の他、オリーブ色、サイズも5L、10L、20Lとあります。

なお、このタンクは10Lです。家使いも考えるとある程度の容量が必要かと思い10Lに。色はストーブと合わせる形で赤にしました。

ただ、10Lサイズですとタンク容量が4.9Lなので満タンで入れたら約2回分。

家で夜だけ使っていたら大体2週間で10Lは消化しました。

なので、灯油がきれたら1ヶ月に最低1回は補充のため購入に行かなければばならないので、普段使いであまり手間をかけたくないなら20Lサイズでもいいかもしれません。

とはいえ20Lサイズは大きくてかさばるので余裕があるならキャンプでは5Lサイズにするなど使い分けが理想かもです。

なお、灯油はタンクを持ってガソリンスタンドにいけば購入できます。1Lだいたい100円くらいが相場。

石油ストーブは電気エアコンよりもコスパが良いのも見逃せません。

「レインボーストーブ」の使い方

ではここからは使い方をレポートしていきます。

『トヨトミレインボーストーブ』を置き台に置く

まずは前述した置き台におきます。この時台の留めがねと本体がしっかり合うように置きます。

『トヨトミレインボーストーブ』のしん調整つまみ

点火にはこの火力調整つまみ(しん調整つまみ)を右にゆっくり回します。

『トヨトミレインボーストーブ』の点火

つまみを右に回しきると「ピー」と点火装置の音がなります。

音が数秒なったらレバーを離します。

『トヨトミレインボーストーブ』の点火完了

点火してから2分ほどすると炎が安定します。これで点火完了。

暗闇で7色に光る『トヨトミレインボーストーブ』

炎がガラスに写りこんで7 色に光ります。これが「レインボーストーブ」と言われる所以です。

白熱球 40W ほど明るさがある『トヨトミレインボーストーブ』

ちなみにこのストーブは白熱球 40Wほど明るさがあります。他に明かりがなくても結構明るいです。

ランタン調のデザインも相まってキャンプで映えるこの仕様も人気のポイント。

また、自宅でも7畳くらいのスペース、キャンプ時もあまり大きなテントは厳しいですが4人〜5人くらいのテントなら真冬でも問題なく暖かく過ごせます。

『トヨトミレインボーストーブ』の五徳

多くの石油ストーブがそうですが天井は五徳になっているのでやかんなどを乗せてお湯を沸かすことができます。

『トヨトミレインボーストーブ』による煮炊き

鍋などの煮炊きは向かないという話を聞きましたが試したら全然問題なかったです。

ただ、火力が強いわけではないので弱火でコトコトといった感じでした。

『トヨトミレインボーストーブ』の消化

消化は火力調整つまみを左にゆっくり回しきります。

モトフさん
ゆっくり回すとより灯油の匂いを抑えることができます

『トヨトミレインボーストーブ』の消化完了

灯油独特の匂い抑える「ニオイセーブ消化」機能のためゆっくり炎が消えていきます。

10分ほどかけて炎がくすぶりますが次第に落ち着いてきて完全に消えたら消化完了です。

「レインボーストーブ」の収納ケースについて

トヨトミ の「レインボーストーブ」には収納用のケースが付属されていません。

ですので別途購入する必要があります。

モトフさん
楽天などのECモールではセット販売されているものもあるようです

純正品のほかシンデレラフィットするケースなどいくつか選択肢があります。

シンデレラフィットとは?ピッタリとフィットしたシンデレラのガラスの靴から名付けられた言葉。異なるメーカー同士の商品が偶然にもピッタリとフィットすることをいう。

選択肢となるケースは以下です。

純正品
製品名 【70周年限定モデル】レインボー専用バッグ(RBG-2) トヨトミ純正レインボー専用バッグ(RBG-1) レインボーストーブ バッグ(BG-101)
メーカー TOYOTOMI TOYOTOMI スノーピーク
参考価格 8,800円(税込) 8,800円(税込) 10,780円(税込)
サイズ 500mm×φ360mm 500mm×φ360mm 500mm×φ400mm
比較ポイント 純正品の専用ケース。厚みもあり安全性も高い こちらも純正品だが売り切れている場合が多い OEM用だか使用可能
詳細リンク 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら
シンデレラフィット
製品名 ポップアップトラッシュボックス 55L ドライバッグ アウトドアドライバッグ L
メーカー オレゴンキャンパー コールマン
参考価格 4,180円(税込) 4,280円(税込)
サイズ 500mm×φ400mm 950mm×φ400mm
比較ポイント 天井が若干あまるもののジャストフィット。ただし厚みがない。 幅がジャストフィット。防水生が高いので燃料漏れに強い。
詳細リンク 詳細はこちら 詳細はこちら

かつては以下の商品もシンデレラフィットしたようですが。

  • コルマン ポップアップユーティリティボックス
  • ニトリ ランドリーハンパー

今は生産終了で入手困難なようです。

これらを踏まえ収納ケースを検討しました。

シンデレラフィットする2つは価格が安いですが厚みがなくキャンプ場までの運搬中の安全性に不安ありスノーピークは価格が高い、というわけで多少値は張るものの安定的に入手できる純正品「レインボー専用バッグ(RBG-2)」を購入しました。

モトフさん
車への積載が得意であったり安全性にあまりこだわらないならシンデレラフィットする2つはおすすめです

補足おすすめした「RBG-2」に関してもタミングによっては売り切れている場合もあるようです。「RBG-1」の方が若干売り切れ頻度が高いですが「RBG-2」と共にECモールなどでは流通している場合もあるので良き方を探してみてください。

トヨトミ「レインボーストーブ専用バッグ(RBG-2)」

【70周年限定モデル】レインボー専用バッグ(RBG-2)

【70周年限定モデル】とされるこの純正ケースですがデザインがなかなかレトロで悩みましたが。。

モトフさん
実際収納してみたらとても便利でした!

【70周年限定モデル】レインボー専用バッグ(RBG-2)の収納過程

ファスナーが側面から大きく開くので収納がしやすく。

【70周年限定モデル】レインボー専用バッグ(RBG-2) 置き台も収納可能

置き台も問題なく入ります。

70周年限定モデル】レインボー専用バッグ(RBG-2)天井があまることなくフィット

天井も余ることなくジャストフィット。生地も厚みのあるクッション素材なので車で揺れても安心です。

トヨトミレインボー収納ケース折りたたんだ状態

使わない時はこのように折りたたんでコンパクトに置いておけるのも便利でした。

安全性を重視したいなら純正品である「レインボー専用バッグ(RBG-2) 」がおすすめです。

石油ストーブは一酸化炭素中毒に注意

冒頭にも記載しましたが石油ストーブなどの燃焼系ストーブは密閉された空間で利用すると不完全燃焼を起こし一酸化炭素中毒の危険があります。

テントはもちろん、室内で使う際も定期的に窓を開けるなど十分換気できる環境で利用してください。

もしもの際に安心な一酸化炭素警報器

一酸化炭素が発生した場合にアラートで知らせてくれる警報器があると安心です。

おすすめはDODから販売されている「キャンプ用一酸化炭素チェッカー2 」。

DOD『キャンプ用一酸化炭素チェッカー2 -』小型のボディに高感度の日本製センサーを搭載。

雨の多い日本のキャンプシーンを想定し、湿度の高い環境でも安定した検知ができるよう設計されています。

家でも問題なく使えるのでおすすめです。

モトフさん
「キャンプ用一酸化炭素チェッカー2 」のレビュー記事もあります
テント内の一酸化炭素をアラート|DOD「キャンプ用一酸化炭素チェッカー2」を徹底レポート

冬キャンプ用の石油ストーブや薪ストーブと合わせてテント内での一酸化炭素の発生をアラートしてくれる一酸化炭素警報機を探している方も多いのではないでしょうか? そんな方におすすめしたい一酸化炭素警報機 D ...

続きを見る

トヨトミレインボー一酸化炭素中毒チェッカー

実際に「レインボーストーブ」点火後に「キャンプ用一酸化炭素チェッカー2 」を近づけてみましたが、まったく数値が上がりませんでした。

そのあともストーブの近くにチェッカーを置きましたが2時間ほど経過しても数値に変化がなかったです。

リビングつつぬけの7畳ほどの空間でしたが家使いは全く問題なさそうです。今のところススなども出ておらず壁も綺麗な状態です。

モトフさん
よほど密閉された空間で長時間使用しない限り一酸化炭素中毒の心配はなさそうです

これまで一酸化炭素発生しているのか全くわからなかったので、その不安がなくなるだけでありがたいです。

とはいえ慢心は危険なので今でも大体2時間おきには窓を開けて換気するようにしています。

実際に冬キャンプで使ってみた

実際に冬キャンプで使ったトヨトミレインボー

実際に冬キャンプで「レインボーストーブ」を使ってみました。

とても快適で暖かく過ごせました。

モトフさん
そのレポート記事もあります
冬キャンプでのカマボコテントミニ
DOD「カマボコテントミニ」で石油ストーブは使えるか?冬キャンプで徹底レポート

DODで人気の2ルームテント「カマボコテントミニ」で冬キャンプに挑戦してきました。 暖房として石油ストーブを使用。 「カマボコテント」より小さいサイズの「カマボコテントミニ」で石油ストーブを使えるのか ...

続きを見る

まとめ

では最後にこれまでのポイントをまとめてみました。

  • ランタン調でキャンプに合うデザイン
  • 白熱球 40Wほど明るさもあるのでランタンとしての役割も
  • 燃焼最大時間20時間と他の石油ストーブと比べ長い
  • 暖房としても自宅は7畳、キャンプは4〜5人テントなら問題ない
  • 五徳でお湯沸かしや煮炊きなどもできる
  • 収納ケースは多少値が張るが安全面で純正品がおすすめ
  • 一酸化炭素中毒には注意
  • 一酸化炭素警報器も使うと安心

以上がトヨトミ「レインボーストーブ」のレポートです。

モトフさん
購入の際の参考になれば幸いです!
  • この記事を書いた人
モトフさん

モトフさん

キャンプと音楽を愛するWEBエディター。自分で体験したことだけをレビュー&レポートしていくことにこだわり記事を発信中。
プロフィール詳細はこちら

-ストーブ

Copyright© CAMPERS REVIEW , 2020 All Rights Reserved.