リュック・バッグ

コールマン「ドライバッグ L」で雨撤収が楽に!ストーブの収納ケースにも?

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」

雨キャンプでのテント撤収時に活躍するコールマン「アウトドアドライバック/L」を実際に使ってみました。

さらに、石油ストーブの収納ケースにもなるかどうかも試してみました。

その模様をご紹介します。

コールマン「アウトドアドライバック/L」とは?

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」パッケージされた状態

濡れた物や濡らしたくない物の収納に便利な防滴バッグです。

雨キャンプで濡れてしまったテントやタープを入れて持ち帰ることができる防水収納袋として活躍します。

スペック情報

ブランドコールマン
商品名アウトドアドライバッグ/L
価格4,280円(税込)
本体サイズ約40×95(h)cm
収納サイズ約35 x 20cm
重量770g

購入はこちら

サイズ感

まずはサイズ感から見ていきます。

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」折りたたんだ状態

折り畳んだ状態ではかなりコンパクトなのですが。

モトフさん
サイズ感が分かりやすいように500mlペットボトルと並べています

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」広げた状態

広げると思った以上に大きいです。

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」のサイズ

説明書によると

高さ約95cmm、直径約40cmm

とのこと。

モトフさん
容量は約110Lとのことなのでかなりの量が入りそうです

特徴

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」の特徴

特徴としては

  • 濡れたテントなどの収納に最適
  • 雨などの侵入を防止(※完全防水ではない)
  • ロールアップで閉じることができる

とのことです。

雨キャンプでのテント撤収

雨キャンプでのテント撤収の際に実際に使用してみました。

モトフさん
この時のテントはDODの「カマボコテントミニ」です

雨が染み込んだカマボコテントミニ

朝まで雨が降り続けフライシートに雨がしみこみ。

スカートが泥だらけになったカマボコテントミニ

スカートに至っては泥だらけ。

泥だらけになったカマボコテントミニ

ポールを抜いてテントを崩すとかなりの量の泥が付いていました。

このまま収納袋に入れると収納袋も汚れるのは必至です。

雨キャンプのテント撤収で用意したコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

そこで「アウトドアドライバック/L」の登場です。

雨でよごれたテントを入れたコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

汚れたままのテントをそのままドライバッグに詰め込みます。

雨でよごれたテントを収納したコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

苦戦することなく収納することができました。

以前は雨キャンプのテント撤収の際にはゴミ袋にテントを入れてましたがその時と比べても圧倒的に楽でした。

その主な理由としては

  • 大容量で口が大きいのでサクサクとテントを突っ込める
    • ゴミ袋だと口が小さく入れるのに苦戦
  • 丈夫なので破れず防水なので水漏れの心配がない
    • ゴミ袋だとビニールが破れる恐れあり
    • 破れたら車が汚れる可能性
  • 空気を抜いて圧縮できるのサイズを小さくできる
    •  車の積載でスペースを取らない

以上の観点からゴミ袋とは比べ物にならないほど活躍してくれました。

石油ストーブの収納ケースとしては?

石油ストーブのケースとしても活躍するとのことで実際に試してみました。

トヨトミレインボーストーブのケースにもなるコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

試したストーブはトヨトミ「レインボーストーブ」です。

トヨトミレインボーストーブの置き台が入るか試したコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

まずはストーブの置台も入るか試してみます。

トヨトミレインボーストーブの置き台が入ったコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

ほぼジャストサイズで入りました。

続いて本体はというと。

トヨトミレインボーストーブが収納できるコールマン「アウトドアドライバッグ/L」

本体も無事入りました。

コールマン「アウトドアドライバッグ/L」をトヨトミレインボーストーブの収納ケースとして使う

このままロールアップで閉めて無事収納が完了。バックルを持ち手にして運ぶことができます。

なお、サイズはドライバッグの方が高さがかなり長いのですが、ロールアップ仕様ということもありストーブの高さに合わせて調整できるのでそこは問題なかったです。

しかし、その反面高さが長い分ぐにゃぐにゃとバッグに安定感がないのでストーブを入れるのに少し苦戦しました。

試してみた感想

ただ、このドライバッグは厚みがなくクッション性がないのでキャンプでの運搬には多少不安が残るかもしれません。

キャンプ車での積載

クッション性のある収納ケースにストーブを入れて車に積載した例

というのもキャンプでストーブを運ぶのは基本的に車になるかと思いますが、厚みがなくクッション性がないと車での運搬中の揺れの衝撃からストーブを守れない可能性があります。

モトフさん
本来の用途ではないので当たり前ですが

密閉性は高いので車で運ぶ際の臭い漏れやガソリン漏れもを防ぐには効果がありそうですが、レインボーストーブのようにタンクが二重構造ものであれば漏れもそこまで気にしなくてもよいですし、「安全性を重視したい」という方にはあまりおすすめできないかもしれません。

車への積載が得意であったり安全性をあまり重視しないなら問題ないですが、個人的にはしっかりと厚みとクッション性があるケースをおすすめします。

おすすめの収納ケースについてはこちら

トヨトミレインボーストーブ
トヨトミの「レインボーストーブ」を徹底レビュー|収納ケースや冬キャンプについて

冬キャンプ用に石油ストーブの購入を検討しているけど、各メーカー様々なストーブが販 ...

続きを見る

なぜクッション性が大事なのか?

なぜ、私がクッション性を大事にしているかというと、過去にコールマンのガソリンランタンを

グルーブが割れてしまったコールマンのガソリンランタン

グルーブが割れてしまったガソリンランタンと付属ケース

クッション性のない付属のケースに入れ車で運搬した際にグローブ(レインボーストーブでいうところのガラス外筒)を割ってしまった経験があるのです。

物は違いますが近い形状なので同じことが起こる可能性があると考えているからなのです。

モトフさん
決して安いアイテムではないので大切にしたいところなのです

最後に

雨キャンプのテント撤収で大活躍するコールマン「アウトドアドライバック/L」。

雨のキャンプを少しでも快適にしたい、という方にはおすすめのアイテムといえそうです。

ストーブの収納ケースとしては運搬時に少し不安があるので個人的にはしっかりした厚みとクッション性があるケースがおすすめですが、車への積載が得意であったり安全性にあまりこだわらないなら問題ないかと思います。

もし、コールマンのドライバッグを使う際でも安全性を重視したいのであればタオルなどを入れ簡易クッションにしてもいいかもしれません。

この記事が購入の際の参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-リュック・バッグ

© 2020 CAMPERS REVIEW