当サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ストーブ

トヨトミのレインボーストーブにおすすめの「ストーブファン」はこれ!テント内をより暖かくする方法とは?

トヨトミレインボーのストーブファン

冬キャンプで人気の石油ストーブ、トヨトミ「レインボーストーブ(トヨトミレインボー)」を簡単により暖かくする方法としておすすめな「ストーブファン」。本記事ではそんな「ストーブファン」のなかでも「レインボーストーブ」におすすめしたい「ストーブファン」をご紹介しています。

レインボーストーブについてはこちら

トヨトミレインボーストーブ
トヨトミ「レインボーストーブ」をレビュー|収納ケースや冬キャンプにおすすめな理由について徹底解説!

続きを見る

「ストーブファン」とは?

ストーブファン

石油ストーブや薪ストーブから発する熱した空気を循環させる装置のことです。

電池不要でファンが回る

ストーブファンの仕組み

「ストーブファン」は台座部分にある特殊な電子部品を利用しストーブの熱を使った熱電発電によりファンが回る仕組みです。ですので電池などは不要。エコな装置なので「エコファン」とも呼ばれています。

「ストーブファン」を使うことで暖房効果がアップ

熱した空気が上昇する対流式ストーブ

トヨトミ「レインボーストーブ」のような「対流型ストーブ」は熱した空気を上昇させて対流を起こすことで空間全体を暖めるストーブなのですが冬キャンプの場合、テントの隙間から入る冷気の影響もあり、上昇した空気が循環せずテント内全体が効率良く暖まらない場合があります。

熱した空気を循環させるストーブファン

そこで「ストーブファン」の登場です。天板に設置した「ストーブファン」の回転するファンにより熱した空気を前へ送り出すことで、暖かい空気をテント内へ循環。石油ストーブの暖房効果をアップさせることができるのです。

値段がピンキリな「ストーブファン」

「レインボーストーブ」用にと「ストーブファン」をネットで探したところ値段がかなりピンキリでした。高いものだと1万5千円以上、安いものだと2千円ほど。

安すぎると「ファンが回らない」といった不具合などの噂があり、高いものを「しっかり買うべき」という意見もあり。とはいえ安いものと高いものの違いもそこまでないようにも思いました。

実際購入した「ストーブファン」

悩んだ結果「トヨトミレンボー」用として購入したのはこちらでした。

signstek ストーブファンの包装箱

選んだ基準は主に以下です。

  • 「トヨトミレンボー」で使えるらしい
  • 値段も高すぎず安すぎない
  • レビュー・口コミも悪くなかった

安すぎると不具合が怖い、かといって1万円以上は高いと思ったのでいい塩梅の値段のものにしました。

購入はこちら

実際に「ストーブファン」を使った冬キャンプはどうだったか?

トヨトミ「レインボーストーブ」で「ストーブファン」を使った冬キャンプの模様_1

「ストーブファン」を使った冬キャンプの模様をご紹介します。

モトフさん
この時のテントはogawa「タッソT/C」です

実際に冬キャンプで使った「ストーブファン」はどうだったかというと?

トヨトミ「レインボーストーブ」で「ストーブファン」を使った冬キャンプの模様_2

冬キャンプでは「レインボーストーブ」と合わせて、なくてはならないギアの一つになりました!

モトフさん
「レインボーストーブ」の天板にもぴったりサイズでした

テント内の温度変化

ストーブをつける前、つけた後、さらにストーブファンを設置した後の温度変化は以下でした。

モトフさん
時期は12月、テントの外の気温は「5.7℃」でした

ストーブをつける前

トヨトミのレインボーストーブを使った際のテント内の温度_1

そもそものストーブをつける前のテント内の温度は「7.7℃」でした。

モトフさん
このままではテント内ですごせないほどかなり寒かったです

ストーブをつけた後

トヨトミのレインボーストーブを使った際のテント内の温度_2

ストーブをつけた後ではテント内の温度は「18.2℃」まで上昇しました。

モトフさん
テント内ですごせる温度ですがまだ若干の寒さは感じました

ストーブファンを設置した後

ストーブファンを設置した後ではテント内の温度はさらに「24.2℃」まで上昇しました。

モトフさん
ここまでいくとダウンなどのアウターを着ていると暑いくらいでした

「ストーブファン」を使ってみた所感

トヨトミ「レインボーストーブ」で「ストーブファン」を使った冬キャンプの模様_3

実際「ストーブファン」があるとないでは暖かさは雲泥の差です。初めて「レインボーストーブ」を使って冬キャンプした際、その時はロースタイルキャンプだったこともあり下半身から寒さを感じる時もあったのですが、「ストーブファン」を導入してからはテント全体が暖かくなりほとんど寒さを感じなくなりました。

既にキャンプで8回以上使用していますがまったく故障する気配もなく、問題なく暖かい空気を循環してくれます。

モトフさん
家でも普段使いしています

さらに「サーキュレーター」でテント内をより暖かく

サーサキュレーターも使ったトヨトミレインボー

さらに、「レインボーストーブ」でテント内をより暖かくする方法としては「サーキュレーター」の利用もおすすめです。「ストーブファン」と合わせてテントの上に「サーキュレーター」をつけると天井に滞留している暖かい空気が下へと降りて対流が促されるのでムラなくテント内全体が暖かくなります。冬キャンプをより万全にしたい方には「ストーブファン」と「サーキューレーター」の併用がおすすめです。

モトフさん
ダウンなどのアウターを脱いでも暑いと感じるくらいです

サーキュレーターは「クレイモア ファン V600」を使っています。

クレイモア ファン V600についてはこちら

クレイモア ファン V600
クレイモアの扇風機「クレイモア ファン V600」をレビュー|首振り機能や専用ケースについて

続きを見る

最後に

石油ストーブだけあれば「ストーブファン」がなくとも冬キャンプを過ごすことができますが、より防寒を完璧にするなら「ストーブファン」の導入はおすすめです。

この記事が「レインボーストーブ」に合う「ストーブファン」を探している、そんな方の参考になれば幸いです!

関連コンテンツ

  • この記事を書いた人
モトフサン

モトフさん

キャンプ歴10年のベテランキャンパー兼WEBエディターです。自身が経験したことを元にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ストーブ

© 2024 CAMPERS REVIEW