ストーブ

販売終了したカリフォルニアパティオを運良くゲット!冬キャンプで使ってみた

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター(レッド)」

冬キャンプの暖房器具として活躍するカリフォルニアパティオ「カセットガスヒーター」。販売終了した今もおしゃれなフォルムで人気のこのカセットガスヒーターの特徴や使用感を冬キャンプで試してみた模様と合わせてご紹介します。

モトフさん
では早速ご紹介します。

カリフォルニアパティオ「カセットガスヒーター」とは?

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」箱の外装

アメリカンなデザインが人気な屋外専用アウトドアヒーターです。コンビニなどでも買えるカセットボンベ(CB缶)を燃料とするため手軽に使えるのが魅力です。

モトフさん
冬キャンプの暖房器具として活躍します

スペック情報

ブランドCalifornia Patio (カリフォルニアパティオ)
商品名カセットガスヒーター
価格¥6,351
発熱量1.1kW (950kcal/h)
連続燃焼時間約3時間
総重量2.4 kg
外形(幅×高さ×奥行)280 mm x 230 mm x 210 mm

すでに販売終了した廃盤商品

すでに廃盤したカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

実はカリフォルニアパティオの「カセットガスヒーター」はすでに販売終了してしまった廃盤商品です(2020年1月時点)。

屋外専用カセットガスヒーター製造販売終了のお知らせ - 2020年1月25日(公式サイト)

なぜ販売終了になったのか?

キャンプブームにより屋外用ストーブ(屋外式カートリッジガスストーブ)のニーズが増加したことから、経済産業省が液化石油ガスへの法律を整備したことが背景にあるようです。 2021年6月1日以降に「屋外式カートリッジガスストーブ」を販売するためには一定の技術基準を満たした「PSLPGマーク」が必須となり、これまで流通していた「PSLPGマーク」のないものは販売が禁止となってしまった模様。ユニフレームから販売されていたカセットガス式ヒーターなども同時期に販売が終了していることから国内メーカーのほとんどが一斉に販売終了したようです。

モトフさん
正規の流通からはアウトドア系のカセット式ガスヒーターが一時的に姿が消えた状態となっています

カリフォルニアパティオルはメルカリなどでは販売されていますが、いずれも高額なものばかり。アウトドア専用ではないようですがイワタニから正規に流通している製品があるので個人的にはこちらがおすすめです。

カリフォルニアパティオの特徴

ガスを気化させ熱を発するタイプの燃料は低温時に気化しずらいという弱点があります。

モトフさん
気化しづらいと燃焼効率が悪く温度が低くなったり無駄に燃料を消費してしまうのです

しかしこのヒーターには低温時の対策として2つの機能が搭載されています。

ジェネレーター機能

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」のジェネレーター機能

点火した後、バーナーの熱によってガスのパイプを暖める機能です。ガスを暖めた状態で燃焼部へ送ることができるので、最大限気化した状態で燃焼することができます。

ヒートパネル機能

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」のヒートパネル機能

ヒーターを利用中にボンベ本体が冷たくなるのを防ぐ機能です。カセットボンベを包んでいる鉄板(パネル)へ燃焼部からの熱が伝わることで、ボンベ設定部を暖め低温を防ぎます。

モトフさん
これらの機能により燃効率を失わずヒーターを使うことができます

 

カリフォルニアパティオ「カセットガスヒーター」のレビュー

では実際に商品をレビューしていきます。

開封

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の箱

箱に包装された状態です。

箱に入ったカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

中を開けると本体がお目見え。

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」(レッド)

カラーはレッドです。

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の背面の説明書

説明書は特になく背面に注意事項や操作手順が記載されています。

燃料をセット

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の側面

まずは「カセットボンベロック」がオフになっていること、「ガス調整チャンネル」が閉じていることを確認します。

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

次に背面の「ボンベ装着口カバー」を開けカセットボンベ(CB缶)をセットします。

イワタニのカセットボンベ

ボンベはオーソドックスなメーカー「イワタニ」です。

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」にカセットボンベをセット

セット方法は簡単でボンベのキャップを外し、「ボンベ装着口」のガスバブルの凸とボンベの凹を合わせる形でセット。

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」のカセットボンベロック

あとは「カセットボンベロック」をオンにしてボンベを固定してカバーを閉じるだけです。

点火

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の点火方法

点火はカセットボンベをセットしたあと「ガス調整チャンネル」を左に回して

点火した状態のカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

カッチと音がして電圧が生じたら点火します。

火力の強弱はガス調整チャンネルでコントロールできます。

点火しない時の改善方法

実はこのヒーター、たまに点火しづらいことがあります。その場合は何度かチャンネルを回すのを繰り返すと点火するのですが、それでも着火しない場合は以下を試してみてください。

ゆっくり回す

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の点火しない場合の改善法_ゆっくり回す

「ガス調整チャンネル」をゆっくりまわしてある程度ガスを出してから電圧を生じさせると着火しやすいです。

点火針を押す

カリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」の点火しない場合の改善法_点火針を押す

どうしても点火しない場合は「点火針」を白い板の方にマイナスドライバー等で押して近づけると、着火しやすくなるようです。

冬キャンプで実際に使ってみた

実際に冬キャンプで使えるかどうか試してみました。時期は12月下旬、場所は千葉県のキャンプ場です。

12月下旬のソロキャンプ

キャンプスタイルはソロ用テントとタープによるソロキャンプスタイル。

12月下旬冬キャンプ日中の気温

この日は日中は暖かく「14.6℃」もありました。

12月下旬冬キャンプ夜の気温

しかし日も暮れ夜になると気温が下がり22時くらいには「-0.6℃」と氷点下を下回りました。

冬キャンプのソロキャンプで使うカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

そこでヒーターの登場です。

氷点下を下回ると点火しないカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

早速、点火しようとしたところ。着かない。。前述した点火しない場合の改善法(ゆっくり回す)を試しても点火せず。

実はヒーター自体が冷えてしまうと点火の際の電圧の温度が低くなりすぎて着かない場合があるようです。

モトフさん
冬キャンプではバーナー類が点火しずらいと聞きますが同じ現象ですね

ライターで点火したカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

このまま点火できなかったらどうしようと思いつつ、ライターで点火してみたところ。。

ちゃんと着きました!

点火した直後のカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」

点火直後の体感としては足元や手を近づけるとしっかり暖かさは感じますが体全体は暖かさは感じない程度でした。

冬キャンプでカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」使った際の気温1

では気温の変化を見てみると。10分ほどで氷点下から「6.4℃」まで上昇。

冬キャンプでカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」使った際の気温2

さらに20分ほど経ったら「8.9℃」まで上昇していました。一度点火してしまえば前述した低温対策の機能で燃焼部の温度は下がらず、ヒーターの近くは気温が上昇しているようです。

冬キャンプでカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」から少し離れた距離の気温

では少し離れたところではどうかというと。「7.4℃」と多少下がるもののそれほど気温は下がらず。

冬キャンプでカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」から話した距離の気温

ではさらに離れたタープの外の気温はというと。

冬キャンプでカリフォルニアパティオ「アウトドアカセットガスヒーター」から話した距離の気温2

「0.8℃」と氷点下に近い気温でした。

試してみた所感

気温計からも分かる通りヒーターを着けたあとは氷点下から約8℃まで気温が上昇したため体感としては寒さが全然違いました。

モトフさん
おかげでこの日は問題なく過ごすことができました

とはいえ気温8℃では体感としては本来寒いのは変わらずなので、問題なく過ごせたのはヒートテックやダウン、カイロなどの防寒装備も合わせていたからだと思います。ですのでカセットガスヒーター1つだけの冬キャンプでは防寒着の対策も必須となりそうです

実はこういったカセットガスヒーター1つだけでは冬キャンプの暖房としては足りないというのが一般的な見解なようです。

もしカセットガスヒーター1つだけ使う場合はせめてテントの幕内に置いて熱が逃げないよう工夫する必要があります。(完全に密閉された空間は一酸化炭素中毒の危険あるので注意)

モトフさん
屋外にただ置いただけでは暖かい空気が逃げてしまうのです

タープのおかげで暖かい空気がとどまった?

今回の冬キャンプではリビングとしてタープを張っていたので暖かい空気がとどまり気温が上昇したのかもしれません。

いずれにせよカセットガス1つを暖房器具とする冬キャンプでは暖かい空気をとどまらせる工夫が必要になりそうです。

最後に

以上がカリフォルニアパティオ「カセットガスヒーター」のご紹介になります。

既に廃盤した商品のため入手しずらい状況ですが、他社のカセットガスヒーター購入の際の参考にもなるかと思います。

この記事が何かの参考になれば幸いです!

  • この記事を書いた人

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-ストーブ
-

© 2021 CAMPERS REVIEW