バーナー

SOTO「レギュレーターストーブ ST-310」への耐熱シリコンチューブ装着方法を徹底解説!

SOTOの人気シングルバーナー「レギュレーターストーブ ST-310」のゴトクに装着できる耐熱シリコンチューブ。「ST-310」を使用後でもゴトクが熱くならず安全に持ち運べかつおしゃれな見た目にもできる耐熱シリコンチューブの装着方法をご紹介します。

まずはシリコンチューブを用意

ST-310に使える耐熱シリコンチューブ

まずは、自転車や車、バイクのエンジンのカスタムに使われるような耐熱性のシリコンチューブを用意します。

ST-310に使える耐熱シリコンチューブの内径

内径は直径4mmのものになります。

ちなみにおすすめはこちら。

カラーも

とバリエーションが豊富です。

モトフさん
私は赤のカラーを購入しました

用意する工具

ST-310に使える耐熱シリコンチューブ装着に必要な工具

用意する工具は以下です。

  • ハサミ
  • メジャー

装着手順

では実際の装着手順を解説します。

4本分にカット

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_1

まずは、チューブを16cmm〜17cmほどメジャーで測り

「ST-310」と合わせて遮熱板や遮熱テーブルを使いたい方はカットするチューブの長さに注意してください!その理由については本記事で後述しています。

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_2

ハサミでカット。

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_3

これを4本分行います。

ゴトクに装着

カットしたらあとはバーナーのゴトクに装着するだけです。

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_4

なのですが、静止の摩擦が強く全くチューブが入りません。。

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_5

そこで活躍するのでがハンドクリーム

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_6

このクリームをゴトクに塗ると潤滑がよくなるとのこと。

モトフさん
洗剤や石鹸、乳液などでもOKです

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_7

しかし、ゴトクに塗っても途中まで進むのですがそれ以上入らない。。ものによってはすぐに乾いてしまい静止の摩擦がまた起こってしまうようです。

モトフさん
10分くらい試しましたが半分以降から全然入れなかったです

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_8

そこで確実な方法としてはクリームをチューブの穴に適量塗ってしまうのがよいそうで。

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_9

この方法でやり直したところ最後までクリームが乾かず潤滑するので、簡単に装着することができました

モトフさん
この方法だと1本10秒ほどで装着できました

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_10

あっという間に4本の装着が完了。これで長時間バーナーを使ってもゴトクが熱くならずに安全です

モトフさん
クーリームは時間が経てば乾くようです

ST-310への耐熱シリコンチューブ装着手順_11

見た目もいい感じカッコよくなりました。

追記:「ST-310」で遮熱板や遮熱テーブルを使いたい時はシリコンチューブの長さに注意!

「ST-310」に耐熱シリコンチューブを装着したあと実際のキャンプで使ったところハプニングが

シリコンチューブのせいで「ST−310」にはまらなくなった遮熱板

「ST-310」の遮熱性を高めるため遮熱板を合わせて使っていたのですが。なんと、シリコンチューブを装着したせいで遮熱板がしっかりはまっておらず遮熱板に火が直接あたり変色してしまったのです。

使った遮熱板はこちら

SOTO ST-310バーナー専用 分割式 遮熱板
マッドブラックでおしゃれな遮熱板!ZEN Camps「SOTO ST-310バーナー専用 分割式 遮熱板」をレビュー

続きを見る

シリコンチューブのせいで「ST−310」にはまらなくなった遮熱テーブル

遮熱板の他にも遮熱テーブルも持っているのですが、試しにはめたところ全くはまらない。。

遮熱テーブルはこちら

ZEN Camps「SOTO ST-310 遮熱板兼テーブル」
ZEN Camps「SOTO ST-310 遮熱板兼テーブル」|ソロキャンプに最適なミニテーブルをレビュー

続きを見る

遮熱テーブルを使えば気づけたのですが、ハプニングの際はたまたま「ST-310」で遮熱板を使いケトルでお湯を沸かしていたため気づきませんでした。

どうやらシリコンチューブが長すぎで遮熱板や遮熱テーブルの穴にはまるゴトクの金属部分の長さが足りなくなってしまったようです。

長すぎたシリコンチューブをカット

シリコンチューブをゴトクのさらに奥にずらそうとしたのですがクリームも乾いており静止の摩擦で一切動きません。ということでカッターで短くカットすることにしました。

シリコンチューブをカットした「ST-310」

遮熱板や遮熱テーブルの穴にはめるために2〜3cmカットしました。最初はシリコンチューブを16cmm〜17cmにカットしましたが遮熱板や遮熱テーブルを使いたい場合は14cmm〜15cm位でいいかもしれません。

シリコンチューブがあっても「ST-310」にしっかりはまった遮熱テーブル

これで無事に遮熱テーブルがはまりました。

シリコンチューブがあっても「ST-310」にしっかりはまった遮熱板

遮熱板も問題なさそうです。

「ST-310」に装着する耐熱シリコンチューブは短くても見た目として影響なく、持てる部分さえあれば問題ないので16cmm〜17cmはあくまで目安となります。使いたい遮熱板や遮熱テーブルに応じて長さを調整してみてください。

最後に

以上が「レギュレーターストーブ ST-310」のゴトクに装着できる耐熱シリコンチューブのご紹介です。キャンプギアの中には色々カスタムできるものが数多くありますが、このシリコンチューブ装着は比較的観点でチャレンジしやすいかと思います。

「レギュレーターストーブ ST-310」をカステムしたい、そんな方の参考になれば幸いです!

関連コンテンツ

IGLOO(イグルー )ウォータージャグ 3ガロン

キャンプで大活躍!

IGLOO ウォータージャグ 3ガロン(11.4L)を格安出品中!

PayPayフリマで出品中

  • この記事を書いた人
モトフサン

モトフさん

キャンプ歴3年のWEBエディターです。自分で体験したことを大事にその商品や場所を深く知るための情報を発信しています。 プロフィール詳細はこちら

-バーナー

© 2022 CAMPERS REVIEW