バーナー

世界最軽量バーナー|「ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト」を徹底レビュー

更新日:

スノーピーク「ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト」の箱

ソロキャンプやトレッキングで活躍するスノーピークのシングルガスバーナー「ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト」。

軽量ガスバーナーの代名詞として人気の本ギアが気になっている方に向けその魅力を徹底レビューしていきます。

モトフさん
では早速レビューしていきます。

ギガパワー マイクロマックス ウルトラライトとは?

スノーピークのシングルガスバーナー「ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト」

日本を代表するキャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドアブランド「スノーピーク」のシングルガスバーナー「マイクロマックス」を徹底的に軽量化したモデル。

「世界最軽量56g」を謳っている同バーナーはそのコンパクトさからUL志向のキャンパーに圧倒的に支持されているギアとなっています。

ULとは?「ウルトラライト」の略。ザックの中身を厳選、軽量化することで可能な限り身軽となり、体力消耗を軽減させ安全度が高めることで深く自然を楽しもう、という考え方のこと。

スペック情報

製品名 ギガパワーマイクロマックスウルトラライト
価格 ¥6,900 (税別)
重量 56g
サイズ ゴトク径φ125/90×81mm
収納サイズ 67×34×80(h)mm
最大出力 2,800kcal/h
材質 チタニウム、ステンレス、アルミニウム合金、ブラス

バーナーとしての魅力

では、改めて「マイクロマックス ウルトラライト」の魅力を解説していきます。

“世界最軽量”という同ギアの要素や大きさ、重量、サイズ感などを見ていきましょう。

まずは製品要素を確認

「マイクロマックスウルトラライト」の製品要素

・収納ケース
・バーナー本体
└ゴトク:クッカーや鍋などを乗せる部分
└バーナーヘッド:炎が噴出する部分
└火力調整ツマミ:火力を調整するツマミ

基本的な要素としては通常のシングルバーナーと同じです。

モトフさん
収納ケースが付属品として付いているのは便利ですね!
重要な要素

他にも重要な要素があります。

「マイクロマックス ウルトラライト」の0リング

この「0リング」はいわゆるガス缶との接続部のゴムパッキンなのですがここが破損するとガス漏れの可能性があります。

ですのである程度年月が立ったら利用毎に適宜チェックするようにしましょう。

イグナイターがない構造

シングルバナーイグナイター

お気付きの方もいるかもしれませんが「 マイクロマックス ウルトラライト」にはイグナイターがありません

イグナイターとは通常のシングルバーナーに搭載されている点火装置のこと。

イグナイターがない「 マイクロマックス ウルトラライト」は点火のためにライターやチャッカマンを使います

ここはひとそれぞれ好みがありますが、キャンプ時にはライターやチャッカマンなどは持参する場合が多いのでイグナイターは不要と言えるかもしれません。

モトフさん
軽量化を図る過程で点火装置は削られたようですね

重量を測ってみる

“世界最軽量”を謳っている「マイクロマックス ウルトラライト」ですが重量が気になるところ。

実際に重量計に乗せて測ってみました。

本体のみ

公式のスペック情報では重量は「約56g(本体のみ)」とのことですが、実際にはどうでしょうか。

「マイクロマックス ウルトラライト」の重さを測る

本体のみだと「56g」。

公式スペック通りのちょうどの重量でした!

モトフさん
56gは本当に凄い!

収納ケース込み

ちなみに収納ケース込みでも測ってみました。

「マイクロマックス ウルトラライト」収納ケース込みの重さ

収納ケース込みでは「67g」でした。

持ち運びの際も100g以下に余裕で収まる軽さ!

サイズを測ってみる

では続いて大きさやサイズ感を見ていきましょう。

折り畳み時とガス缶接続時とそれぞれ測っていきます。

折り畳み時のサイズ

公式のスペック情報では折り畳み時のサイズは「縦80cm 」とのことですが実際にはどうでしょうか。

「マイクロマックス ウルトラライト」折り畳み時のサイズ

折り畳み時の縦のサイズはちょうど「80cm」といったところでしょうか。

こちらは公式スペック情報通りですね。

なお、サイズ感も分かりやすように「500ml」のペットボトルも並べて置いています。

ガス缶接続時のサイズ

公式のスペック情報ではガス缶接続時のサイズは「縦144cm 」とのことですが実際にはどうでしょうか。

「マイクロマックス ウルトラライト」ガス缶接続時のサイズ

ガス缶接続時のサイズはちょうど「144cm」といったところでしょうか。

こちらも公式スペック情報通りですね。

折り畳み時の手に持ったサイズ感

参考までに折りたたみ時に手に持ったサイズ感も写真にアップしてみました。

「マイクロマックス ウルトラライト」手に持ったサイズ感

折り畳み時は手の平に収まるサイズになります。

クッカーに収納時のサイズ感

シングルバーナーはクッカーに入れて持ち運ぶのが多いので実際にクッカーに収納してみました。

「マイクロマックス ウルトラライト」をクッカーへ収納したイメージ

クッカーの中にはガス管と折り畳みスポークも一緒に収納しています。

なお、バーナー以外のギアはそれぞれ以下です。

  • クッカー:PRIMUS P-731721 ライテックトレックケトル
  • ガス缶:スノーピーク ギガパワーガス110プロイソ
  • 折り畳みスポーク:MSR スポーク

全て問題なく収納できました。

モトフさん
むしろ少し余裕があるくらいですね
この状態で重量を計ってみる

「マイクロマックス ウルトラライト」クッカー収納状態の重量

クッカー収納状態では「508g」でした。

飲食するのに最低減の装備はそろっているのでこの重量ならばまったく気にならない重さですね!

他のシングルバーナーとも比較

さらに参考までに他のシングルバーナーとも大きさを比較してみました。

「マイクロマックス ウルトラライト」と「キャプテンスタッグ M-7900 オーリック 小型ガスバーナーコンロ」の比較

比較したのシングルバーナーは安価で丈夫、コストパフォーマンスが良いことから利用者も多いキャプテンスタッグの「M-7900 オーリック 小型ガスバーナーコンロ」です。

改めて比較とすると「マイクロマックス ウルトラライト」のコンパクトさが際立ちますね。

モトフさん
ただ、小さすぎるので紛失に注意して下さい

使い方を解説

では実際の使い方の手順を見ていきましょう。

組み立て手順

「マイクロマックス ウルトラライト」の火力調整ツマミを下げる

まずは火力調整ツマミを下に下げます。

「マイクロマックス ウルトラライト」火力調整ツマミの注意点

下に下げた際はツマミがしっかり右周りに閉まっているか確認します。

少しでもツマミが左に回っているとガス缶に接続した際にガスが噴出してしまうので必ず確認するようにしましょう。

マイクロマックス ウルトラライトの五徳

続いてゴトクを開きます。

ゴトクは最初は閉じている状態なので。

「マイクロマックス ウルトラライト」五徳を開く

右周りに開いていきます。

「マイクロマックス ウルトラライト」をさらに開く

ゴトクは計3本あります。

3本共に開いたらさらにゴトク(ゴトクS)を開きます。

「マイクロマックス ウルトラライト」の接続方法

ゴトクを全て開いたらあとはガス管に接続します。

接続しながらガス管を右周りに閉めます。

「マイクロマックス ウルトラライト」ガス管接続時

接続と接続したら組み立て準備完了です。

モトフさん
接続時はガスが漏れないようにしっかり接続しましょう

他メーカーのガス缶との互換性

「マイクロマックス ウルトラライト」はスノーピーク製なので他のメーカーのガス缶が使えるのか互換性が気になるところ。

モトフさん
ちなみにこういったタイプのガス缶は厳密にはOD缶といいます

JISで統一規格になっているCB缶

結論からいいますとOD缶は各メーカー間で統一規格になっていないので互換性が「あるもの「と「ないもの」が混在しています。

「マイクロマックス ウルトラライト」スノーピーク以外のCB缶と接続

ただ、「マイクロマックス ウルトラライト」と互換性があるものも中にはあります

とはいえ基本的にはバーナーと同一メーカーのOD缶を使うのが無難というのが一般的です。

モトフさん
不安な場合は同じメーカーのものを使いましょう

点火手順とバーナーとしての性能

ではここでバーナーとしての性能を測るため実際の何分で水を沸騰できるテストしてみましょう。

点火手順と共に解説していきます。

点火手順

前述した通りイグナイターがないのでチャッカマンなどで点火します。

「マイクロマックス ウルトラライト」の点火

火をバーナーヘッドに近づけて火力調整ツマミを左に回します。

「マイクロマックス ウルトラライト」の点火した後

ツマミを左に回すとバーナーに点火します。

これで点火完了です。

沸騰テスト

では実際に何分で水が沸騰するかテストしてみます。

「マイクロマックス ウルトラライト」の沸騰テスト

水の量は500ml。大盛りのカップラーメンを作る際の水の量と考えて下さい。

「マイクロマックス ウルトラライト」の火力強め

火力はほぼ最大にしています。

写真からも分かる通りかなりの火力です。

ただ、火力の大きさに比例して炎が噴出する音がかなり大きくなるのでうるさいかもしれません。

「マイクロマックス ウルトラライト」沸騰テスト終了

待っていると泡がポコポコあがり沸騰してきました。

時間にして約「3分半」。カップラーメンを食べる始めるのに大体6分半くらいになりますね。

風の影響について

OD缶タイプのバーナーは寒冷地にも強く、登山や寒い場所での利用に適していますが、それでも風の影響で火力が弱まります。

「マイクロマックス ウルトラライト」はどうでしょうか?

風坊になる構造

風防になる構造の「マイクロマックス ウルトラライト」

「マイクロマックス ウルトラライト」は風に強い板状のゴトクと一方からの風によって炎が消されても、他の面で燃焼を続けらようバーナーヘッドが風防の役割をする優れた構造になっています。

ですので少しくらいの強風ならば問題なく使えます。

ウィンドスクリーンとの併用

とはいえかなりの強風な場合はさすがに火力が落ちてしまい、まともにお湯すら沸かせないこともあるようです。

その場合は本体固定型のウインドシールドなどを活用したいところですが「マイクロマックス ウルトラライト」はそのオプション設定がありません。また、スノーピークからはウィンドスクリーンも販売されていません。

ユニフレームのウィンドスクリーン

もし、強風が不安な場合はユニフレームなどから出ているウィンドスクリーンとの併用がオススメです。

ユニフレーム ウィンドスクリーン L

他の軽量シングルバーナーとの比較

「マイクロマックスウルトラライト」にも劣らない軽量シングルバーナーが他のメーカーからのも販売されています。

中でも軽量に特化した代表的なメーカーは以下の2ブランド。

  • プリムス
  • SOTO

参考までにこちらのメーカーの軽量シングルバーナーを比較してみました。

軽量シングルバーナー比較表

製品名 スノーピーク ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト プリムス 115フェムトストーブ SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
価格 ¥6,900 (税別) ¥7,000(税抜) ¥7,400(税別)
重量 56g 57g 67g
出力 2,800kcal/h 2,100kcal/h 2,800kcal/h
収納サイズ 67×34×80(h)mm 54×27×74(h)mm 47×51×88(h)mm
収納ケース あり あり あり
イグナイター なし あり あり
特徴 世界最軽量56g 点火装置付きで57gを実現 ゴトクが着脱式
販売サイト 購入はこちら 購入はこちら 購入はこちら

比較したところ「マイクロマックス ウルトラライト」が最も軽量でした。

ただ、「プリムス 115フェムトストーブ」とは1g差であり、こちらイグライターが搭載されているようです。

モトフさん
全て良い商品なので価格なども含め悩むところです

まとめ

最後にこれまで解説したポイントを改めてまとめてみました。

  • 「世界最軽量56.0g」を謳っている超軽量バーナー
  • 軽量化のためイグナイターがない
  • クッカーに収納しても余るくらいコンパクト
  • OD缶は同一ブランドが無難
  • 500mlの水が約3分半で沸騰する
  • 火力よっては音がかなり大きくなるのでうるさい
  • 風に強いゴトクのため少しくらいの強風でも火力に問題はない
  • 本体固定型のウインドシールドのオプション設定はない
  • 「プリムス 115フェムトストーブ」とはわずか1g差

多少のデメリットはあるものの「マイクロマックス ウルトラライト」は価格に見合う以上の素晴らしい製品ではないでしょうか。

今回紹介した「マイクロマックス ウルトラライト」のような素晴らしいキャンプギアに出会うことで皆様のキャンプライフがさらに楽しいものになれば幸いです。

  • この記事を書いた人
モトフさん

モトフさん

キャンプと音楽を愛するWEBエディター。自分で体験したことだけをレビュー&レポートしていくことにこだわり記事を発信中。
プロフィール詳細はこちら

-バーナー

Copyright© CAMPERS REVIEW , 2019 All Rights Reserved.